スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
まだまだ・・・ダーシー
えっまだ何かあるの?とお思いかもしれませんが、なんといって引退公演ですから・・・もう少々お付き合い下さいませ。

今日もダーシー関連の新聞記事がネット上にいくつか出ていましたが、NYタイムズのチーフ(確か)・ダンス・クリティック、アラスター・マコーリー氏の評をご紹介します。非常にフェアで見識の感じられる良いレビューです。(蛇足ながら、この方、長年英FT紙のシアター・クリティックとして鳴らした後に今シーズンからNYタイムズに移籍。移った当時は米英ダンス・フォーラムでかなり話題になっていました。私はこの方のことは最近知って読み始めたのですが、とてもクオリティの高い批評ばかりで、読む楽しみが一つ増えました。)

この記事についている写真は「大地の歌」第2曲の一場面から、ダーシーと佐々木洋平さん。画面左の"multimedia"欄のダーシーの下の"Slide Show"をクリックすると、この夜のハイライト写真を見られます。(撮影者はロイヤルの元プリンシパル、ヨハン・ペルッソン)

http://www.nytimes.com/2007/06/12/arts/dance/12darc.html?_r=1&oref=slogin


それから例のBBC特番、今日やっとビデオを見ました。前半はダーシーのキャリアを映像とゲストのコメントで振り返り(約40分)、後半が劇場中継。「大地の歌」は全6曲中第2、5、6曲を放送。前半コメンテーターとして登場するのはこの方々:

モニカ・メイスン、ジャスパー・コンラン(デザイナー)、ジュディス・マックレル(ダンス批評家)、キャサリン・ジェンキンス(クロスオーヴァー・シンガー)

ダンス映像は以下を収録:

マノンpdd、ローザンヌ・バレエ・コンクール(マーサ・グラハム作品と白鳥一幕のpdt)、パゴダの王子、マクミランとのリハーサル風景、エリート・シンコペーション、シルヴィアのリハーサル風景、シルヴィア一幕と3幕のpdd、Tryst、マイヤリング、大地の歌のリハーサル風景

前半部分はジョナサン・コープがナヴィゲーターを務めているのですが、彼のリラックスしたソフトな雰囲気がとってもよかった~(この抜擢、Ballet.coでも好評だったのよね)。彼が最後の舞台を控えるダーシーを楽屋に訪ねていってインタビューする場面は、インティメートな空気が流れていて、この映像のハイライトでした。ちらっと内容をご紹介すると・・・

コープ:「マクミランの最良(finest)の作品・大地の歌でいよいよ舞台生活に幕を降ろすわけだけど、今の気分はどう?」

バッセル:「この作品は何よりもマーラーの音楽がいい。私が初めて完全に没頭しきって踊った作品だった・・・観客がいることすら忘れていたぐらいよ!踊り終わって泣きながら舞台を降りたわ・・・どうやって踊るかなんて特別なことは何も考えていない。いつもの舞台と同じよ」

コープ:「引退することで一種の解放感ってあるかな?常に周囲の期待にこたえなきゃいけないというプレッシャーから解放されるという・・・」

バッセル:「そうね 今は本当に逃避(escape)するのが待ち遠しい!
長年続けてきてもうこれ以上はムリ・・・と感じるし、一方で他の事を何も考えなくていいなら一生続けられるかもしれないけれどね(=そうではないので続けられない)。」

最後にコープが、"ありがとう。今夜終わったときに、僕泣いちゃうよ・・・"と言って、ダーシーの両手を握って優しくキスしていました。(ひゃ~ジョナサン、出来すぎ~!)

そして、中継放送された「大地の歌」。映像で見ると、やはり生で見たときに迫ってくるエモーショナルな部分は弱いけれど、それでも十分に魅力的で見応え大有り。この映像を残してくれたBBCに、座布団3枚!
2007-06-13 07:47 | ロイヤル・バレエ | Comment(4)
Comment
Naoko様!
実は、NY TimesはNETで購読しており、ART関連の記事中心に興味のあるところだけチェックしているのですが、このマコーリー氏の記事はNaoko様にお知らせしなくては!と思っていたところだったのです。
さすが、しっかりチェックなさっていたのですね(^^)
とても充実した内容でしたので、素晴らしい記事だとホクホクしていたのですが、マコーリー氏ご自身、すでにバレエファンには定評のあるクリティックでいらしたのですね。これから注目していきたいと思います・・・!

BBCの特番、内容をお知らせくださってありがとうございます。
ジョナサンって本当に素敵ですね。(惚れ直しました)
カーテンコールのYouTubeでも、ダーシーに花束が同時に数名から捧げられた場面では、自分の花束を無理にダーシーに手渡さないでそっと彼女の足元に置いたり・・・常に控えめな立ち居振る舞いがなんともゆかしく映りました。
maria 2007/06/14(木) 05:35:45) 編集


mariaさん

マコーリーさん、いいですよね。彼のバックグラウンドやNYTimesに移った経緯等、私は米フォーラム・BalletTalkで読みました。まだご覧になっていなかったら、是非どうぞ~。

>>ジョナサンって本当に素敵ですね。(惚れ直しました)

そういう人が少なくなかったのではないか・・・と思われます(笑)。彼にはこれからブロードキャスターの仕事も入ってくるかもしれない・・・というほのかな予感がするほどでした。
Naoko S 2007/06/14(木) 10:15:13) 編集

Naokoさん、こんばんは。うらやましいです。コープ、見たいです。この番組、日本のCSあたりでやってくれないものだろうか。
コープ&バッセルは新国立に「白鳥の湖」の公演記録映像があって、その彼は「バレエファンが夢見る王子様(爆)そのものでした。
shushu 2007/06/16(土) 01:08:04) 編集


shushuさん こんにちは

公演記録映像とは、新国立の映像資料室(?)にあるのでしょうか。(一度行ったことがあるのですが、いいですよねー あそこ。)

このペアの白鳥映像はイギリスにはあったかなあ?これは、二人が新国立に客演したときの映像ということでしょうか だとしたら貴重ですね。
Naoko S 2007/06/16(土) 10:00:32) 編集

コメントを書く
#

管理者にだけ表示
10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。