スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
エカテリンブルグ・バレエの「海賊」
初日から一夜明けて、舞台写真でもネットにあがっていないかしら?と、私にとっては"宇宙文字"みたいな・慣れないキリル文字で検索してみたのですが、露語が読めないんだから当然殆ど収穫なし(ハハハ・・・虚しい)。

それでも半ば意地になって探していたら、チラホラと断片情報が拾えました。以下、いずれも翻訳機で露→英にかけてみたところこんな風に読めた、という怪しい情報ですので話半分(以下?)に聞いていただきたいのですが・・・

☆ エカテリンブルグ・バレエ団にとっては「海賊」は今回のバール版が6つめのプロダクション。前回この作品が上演されたのは1994年。

☆ (過去一年以内に刷新された)劇場の新マネジメントの下でバレエ団が上演する初めてのニュー・プロダクション。

☆ バールはアドルフ・アダンのオリジナル・スコアをパリから携えてきた。(注:昨年出たジャン=ギーのインタビューでは、オリジナル・スコアだけに固執するつもりはない・・・と語っていらっしゃいました。)

☆ パリ・オペからステファン・ビュイヨンが客演、コンラッドを踊る。

(以上主に参考にしたのは↓のサイトです)

http://www.echoekb.ru/news/eburg/yr2007/mn4/dy26/113619/


「プルースト」で(文字通り)身体を張ったパフォーマンスが好評だったステファン・ビュイヨン、活躍してますねえ。確かにコンラッドは似合いそうだわ・・・(アリの柄ではないわね)。あまりぱっとしない(やや中途半端な)舞台写真らしきものも一枚発見したのですが、もっとちゃんとしたのを早く見たい!どこかに英文レビューが出ないかなあ・・・。
2007-04-28 10:12 | パリ・オペラ座バレエ | Comment(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。