スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
マチュー・イン・サンクトペテルブルグ
ballet.coで紹介されていました。さる日曜、4/15のマリインスキー・バレエ・フェスティバル「ジゼル」公演の写真を下記リンクから見られます。主役ペアはマリインスキーのオレーシャ・ノーヴィコワとマチュー・ガニオ。舞台写真に加えオフステージのものも数枚あって充実しています!

http://interpress.ru/index.php?t=list&news_id=13292

ノーヴィコワはミュンヘンのガラ公演で見た時は、"このお嬢さんがジゼルを踊るのか ふーむ・・・"とやや心配だったのですが、写真を見る限りはなかなか良さそうですね。マチューはというと、苦悩の表情を浮かべた横顔の写真を見て、「ああ大人になっちゃったわねぇ・・・」と感慨にふけってしまいました~(最近いつもこれだ・・・)。

主役以外の主要キャストは、ミルタにテリョーシキナ、ペザントpddにオスモールキナとシクリャローフだったようです。(ペザントpdd、ミュンヘンでは3回ともシクリャローフとマルティヌクのペアだったんですが、マリインスキーの若手男性ダンサー、シクリャローフ以外にドゥミ・ソロイスト役を踊れる人はいないのか??状態ですねえ・・・)

公演レポの方は、ざっと見てみたところ英語で読めるものがCritical Danceに載っていました(同一内容のポストがBallet Talkにもあり)。寄稿されている方はかなり感動されたようで、とても好意的なレビューでした。ご興味のある方はご一読を。

明晩はいよいよ最強(恐)トリオによるバヤデールですねぇ・・・。こちらも写真を切望!!期待しましょう。


<4/25付記>ロシアの写真サイトより。いつもマリインスキー公演のカーテンコール時の模様を載せてくれているファンの方が、この公演のフォトをアップしてくれています:

http://photofile.ru/users/poduchka/2628854/50035346/#breadcr

(バヤデールとガラのフォトもじき上げてくれることでしょう。)
2007-04-18 01:05 | 情報系(ニュース、公演) | Comment(6)
Comment
画像のご紹介もありがとうございます!

マチュー、どことなく雰囲気が変わったような気が・・・。
(ちょっとおばさんぽくなったと思うのはメークのせい?←暴言ですね、でも好きなのですよv)
夏、改めて検証しなくては・・・(^^;)
シクリャローフくんは大活躍なのですね。日本公演でも目立っていましたものね。嬉しいv
マリインスキーの男性ドゥミ・ソロイストのラインナップを把握して憂えていらっしゃるNaoko様、マリインスキーもロイヤル、パリオペ同様、身内感覚でいらっしゃるのでしょう。
バレエ団の充実は主役のみならず、全体的なバランスや満足度に大きく関わってくる重要事ですから、大切ですよね。下は育っているでしょうが、ちょっと心配ですxxx

最強(恐)バヤデール、楽しみです♪


maria 2007/04/18(水) 02:41:00) 編集

男性のドゥミ・ソロイスト・・・確かに不足気味かもしれませんね。

マリインスキーは昔から傑出したプリマ・バレリーナは割合豊富に排出しているものの、男性ダンサーでは10年に1人くらいですかねえ、スーパースターになれそうな方は。

シクリャーロフも、いずれプリンシパルになるのでしょうし、他の若手で活きのいいダンサー、誰かいませんか~?ですね。
KATIA 2007/04/18(水) 09:02:01) 編集

mariaさま

>>ちょっとおばさんぽくなったと思うのはメークのせい?←暴言ですね、でも好きなのですよv

おばさんとはキビしいですわ~(笑)。でも、確かにマチューの顔立ちはヘタするとそう見えかねない危険性を孕んでいるかも(?)。このメークはちょっと老けてみえますね・・・。マチューも、目に入れても痛くなかった(?)、ひたすらに可愛い時期を脱しつつあり、これからは妖しい色気を感じさせる大人の魅力で迫ってくれるかしら?と、<ほんもののオバさんは>次なる段階に期待しています~。

いや、私、マリインスキーの今の若手って全然把握できていないのですよ(汗)。勿論シクリャローフしかいないわけはなくて、ただ彼にばっかりお鉢が回ってきているということだろうと想像するのですが。彼はそれこそ一頃のマチューを思い出させるような可愛~いダンサーですが、ついつい他に踊れる子はいないの~?といいたくなってしまう位露出度が高いですよねー。(あぁやっぱりちょっと心配かも・・・)


KATIAさん こんにちは。(mariaさんへのお返事を投稿したあとにKATIAさんにコメント頂いたことに気づき、以下付記しております。)

そうですか KATIAさんも有望な若手、他にあまり思い当たりませんか・・・ 日本公演でも人気の高かったアレクサンドル・セルゲーエフなんか結構いけそうですけどね。彼は特にネオ・クラシック系で伸びそうな気がします。個人的にはウィーンに行ってしまったウラジミール・シショフに戻ってきてほしいんですが・・・ありえないかなぁ??
Naoko S 2007/04/18(水) 09:13:31) 編集

Naoko S さま いつも楽しみに拝見させて頂いています。
マリインスキーの若手男性ダンサーで将来的に有望なのは、やっぱりシクリャーロフくんやセルゲーエフくんですが、2005年入団のィエルマコフもいずれ伸びて来ると思われます。
マリインスキーでは、有望な男性若手に対してキャラクター・ダンスの役柄を与えます。キャラクター・ダンスで酷使しているうちに若手はイヤになっちゃって移籍してしまうことが多いです。(オランダ国立バレエに移籍したヤーチメンニコフもそうでした。)
よい才能を持った若手は多いけれど、その使い方がよくないのだと思います。

Yura 2007/04/18(水) 22:08:09) 編集


Yuraさん こんにちは

イエルマコフ君?とは初めて聞く名前ですが、有望なんですね 憶えておかなくっちゃ。

>>よい才能を持った若手は多いけれど、その使い方がよくないのだと思います。

基本的にはマリインスキーに入団しているというだけで限りなくポテンシャルのあるダンサー達なわけですよね・・・もっと沢山の若手にチャンスを与えてほしいですね。シショフ君も、こんなことばっかりさせられてたら嫌になっちゃうだろうなぁーと案じていたら移籍してしまいましたが。
Naoko S 2007/04/19(木) 08:46:19) 編集

Yuraさん、はじめまして。

有望な若手をキャラクター・ダンスへ抜擢・・・ああそうなんですか。
確かに言われてみると、そんな気がします。で、途中で嫌になって辞めちゃうんですね(トホホ)。

私、キャラクター・ダンスも大好きなのでそれでも嬉しいですけど、王子役やソロもたまには躍らせてあげてほしい、ということですよね?

セルゲーエフ、エルマコフ、憶えておきましょう。
KATIA 2007/04/19(木) 14:33:41) 編集

コメントを書く
#

管理者にだけ表示
11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。