スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
ダーシー・バッセルの引退公演@サドラーズ・ウエルス
昨日はなはなさんのブログで教えて頂いた電撃情報。ダーシーがかねてより匂わせていたロイヤル・バレエの外での「引退公演」、5月にサドラーズ・ウエルス劇場で開催と発表されました。(5月15・16・17・18日の4回公演・全てソワレ)

「発表」といっても、実はこれ宣伝は全くされてないのです。ダーシーのHP上に大雑把な情報がでていただけ、ballet.coですら昨夕常連が投稿して教えてくれたのが最初で、なんとチケット発売日はいきなり・今日(29日)!ということで、一瞬パニック状態に。幸い、朝電話で希望の席を確保できたのでホッと胸をなでおろしています。電話する前にネットでチェックしたのですが、既に良い(高い)席から売れていて、ballet.coで誰かが、「どこかで優先ブッキングがあったに違いない・・・」とボヤくほどの売れ行き。私は本当は最終日がよかったのだけど、その翌日のオペラ公演に行く予定なので、16日(水)の公演を取りました。

で、先ほどまたサドラーズのサイトを見てみたら、最終日のストールズは完売!残席僅かとなっていました。すごい・・・さすが、英国で最も愛されているバレリーナです。(ところで、ネット上で完売していても諦めてはいけません。Restricted viewのサイド・ギャラリー・ストゥールの席はネットでは販売しないので、残っている可能性があります。電話予約かボックスオフィスで直接購入しなければいけませんが・・・)

今のところ発表されている上演演目は以下3つ。いずれもダーシー自身が踊る予定となっていて、その他の演目は後日発表、とあります。

"In the Middle Somewhat Elevated"(ロベルト・ボッレと)

"Tryst"(ジョナサン・コープと)

"Winter Dreams"(共演者:ロベルト・ボッレ、タマラ・ロッホ、ニコラ・トラナ、マイケル・ナン、ウィリアム・トレヴィット、クリストファー・サンダース、エドワード・ワトソン)



http://www.sadlerswells.com/whats_on/2006_2007/darcey_farewell.asp


ダーシーほどの大スターの引退公演としては、やや渋めの作品選択に見えますね。この公演のプロデュースは、サドラースのアソシエート・カンパニーの一つであるGeorge Piper Dances担当となっていますが、これはダーシーの元同僚・ナンとトレヴィっトのユニット。この二人もWinter Dreamsに出演する模様ですが、一体どの役を演じるんでしょう??

日程についてはちょっと意外・・・私はてっきりロイヤル公演の最終日、6月8日の後になるのかと思っていたんですが、先なんですね~。ということは、6月8日のロイヤルのミックス・ビルが本当にダーシーの最後の公演になるんだ・・・(チケット取っておいてよかったわ~~)。
2007-03-30 01:52 | 情報系(ニュース、公演) | Comment(7)
Comment
1日でチケット完売にしてしまうなんてさすが国民的英雄ですね。それにしてもIn the Middle...とWinter Dreams を選んだとは。またダーシーとシルヴィの確執が脳裏をよぎってしまいました。ははは、考えすぎですね。ジョナサン復帰には驚きました。足にメタルが入ったままとは聞いてますがかなりよくなったのでしょうね。Trystは飛んだり跳ねたりがほとんどないから踊れるのですね。でもこれを機会にこれからも少しずつ踊ってくれることを願ってます。

Naokoさん、ぺリアスとメリザンドを見に行かれるのですか? 序曲はコンサートなどで聞くことはあっても、この手のオペラは日本ではほとんど上演されません。キーンリーサイド(渋いですよね、ゼナイダのご主人)、キルヒシュラーガーに加えてラトルの指揮とは出演者の顔ぶれもいいですね。私はロンドンへ行ったら、Stiffelioを観る予定です。クーラは好みではないのですが、昔ロイヤル・ガラで聞いたドミンゴと比べてみようと思って。
ミッツィカスパー 2007/03/30(金) 23:17:53) 編集

私も6月8日の後なんだと思っていました。でも、「アポロ」と「T&V」の公演が終わったし、何か情報UPされないかな…、と今週初めから毎日ダーシーのHPを覗いていたから発見できて、本当良かったです(*^_^*)

ところでサドラーズって行ったことないんですが、観やすいですか? 前の方だと端っこになっちゃうので、Stallsの通路より後ろ(K列の前が通路ですよね?)の席を取っちゃったんですけど…。
はなはな 2007/03/30(金) 23:48:54) 編集


ミッツィカスパーさん 私Trystってどんな作品だったか全然憶えてないんですよ 見てるはずなんですが・・・(汗)。男性はサポート中心なのでしょうか いずれにせよコープがまた踊ってくれるなんて予想だにしていなかった事態で、とっても嬉しいです。

そうです ペレアス~に行くんですよ。これは豪華キャストなんですよねー Stiffelioも観る予定です。私もホセクラさん(と呼んでいる・笑)、特に好きじゃないんですが、なぜ人気があるかはわかる気が・・・凄いセックスアピールがありますものねー 彼。


はなはなさん 今回は本当にありがとうございました~。サドラーズのストールズって真ん中に通路あったっけ?・・・というぐらい記憶が怪しいのでろくなアドバイスはできませんです 申し訳ない・・・ でも真ん中よりちょっと後ろなだけだったら、そんなに遠く感じることはないような気がします。どなたか詳しくご存知の方がいらしたら、是非アドバイスをお願いいたします~~。
Naoko S 2007/04/02(月) 09:16:38) 編集

Trystはウィールドンがジョナサンとダーシーのために振付けた作品で、PDDはゆっくりめのムーブメントだったと思います。後ろにアンサンブルの男女が20名ほどいます。女性のほうが動きがありますが、ふたりの筋力バランスによる動きがすごかったです。そしてジョナサンの足がステキ。さきほど友人が「シルヴィのスワン(12月の日本ツアーのこと)はジョナサンがパートナーっていうのもありかもね。この公演で自信つけたら…」と。えぇ~、そんなサプライズがあるのかしら?と一度は否定しましたが、彼がベスト・パートナーと公言してたシルヴィとのスワンがまた実現したら、ホント夢のようです。

>>凄いセックスアピールがありますものねー 彼
確かに日本のホセクラファンも皆そう言います。私はなぜか、ロンドンやウィーンでいきあたりばったりクーラの公演に遭遇することが多いのです。素晴らしい声の持ち主だし演技派だと思うのですが、トロヴァトーレ(ロイヤル)とトスカ(ボローニャ日本公演)にがっかりした経験をもつ私としては素直に「大好きリスト」に加えられなくて。その反面、いつかapproveしてあげたいという気持ちもあって、海外で遭遇するときには聞きに行ってます。
ミッツィカスパー 2007/04/04(水) 00:49:20) 編集


Trystってそんな作品でしたっけ・・・せっかく解説していただいたのにまだ思い出せない私です(大汗)。

>>その反面、いつかapproveしてあげたいという気持ちもあって、海外で遭遇するときには聞きに行ってます。

まぁ~なんて優しいんでしょ ミッツィカスパーさん。私は彼に関しては完璧に不感症みたいなんですが、今回のStiffelioで少しは何か感じられるといいなぁ・・・。
Naoko S 2007/04/04(水) 09:25:31) 編集

今更ですが、こちらの掲示板の情報、というかはなはなさん(初めまして)のおかげで、昨晩、今晩としっかりバッセルの踊りを観てきました。幸運というか、昨晩(17日)はシルヴィアのパートナーはコープでした。ロイヤル・バレエのダンサーのまともな引退公演って観たことないので、思い出に残ります。

 こちらに返事を。Naoko Sさん、ブログのタイトル、家族からも「変えたら」と言われ続けています。
守屋 2007/05/19(土) 07:16:46) 編集

守屋さん さきほどはどうも~~。

ダーシーの公演、2回ご覧になったんですね。アミンタ役の衣装を着たジョナサンをご覧になれたとは貴重ですね!(羨ましい~)

>>ロイヤル・バレエのダンサーのまともな引退公演って観たことないので、思い出に残ります。

確かに、言われてみると私も見た記憶ありません・・・皆なんとなく・いつの間にかいなくなっちゃってることが多いような気が・・・。そういう意味でも来月8日の"終演後"がどんな風になるのか、興味津々ですね!

Naoko S 2007/05/20(日) 10:45:40) 編集

コメントを書く
#

管理者にだけ表示
08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。