スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
ジェレミー・ベランガールがエトワールに!
・・・という驚愕のニュースがダンソマニとDanser en Franceのフォーラムに投稿されていました!今夜3/28、ドン・キホーテのバジリオを踊って任命された模様です(パートナーはレテイシア・ピュジョル)。

いや~驚きましたねえ・・・全くの想定外。ジェレミー、結構好きですけど、うーんうーん・・・。失礼ながら、私的には、あらゆる意味でプレミエ・ダンスールで収まりがいいと見えていた存在だったんですが・・・彼は。Danser en Franceの方でキャシーが、"馬鹿げた任命!オペラ座は凡庸さを選択するという判断ミスをおかしている!"と吼えていますが、そこまで言わなくても・・・とは思いつつ、「エトワール」の定義と概念(そもそも厳密にはそんなものが存在したことはないだろうけど)が、確実に変わりつつあると感じざるを得ませんねー。

(ところで、今回の任命でエトワールの人数、男女のバランスがさらに悪くなってしまいましたが、来シーズン、ベラルビ、ロモリ、そしてルグリ(も?)、と一挙に引退してしまうので、その穴を埋めるという意図もあるのだろうか・・・と思ったりも。ジェレミーの任命で、男性エトワールは10名になりました。女性は6名。)

さて、オペラ座公式サイトから新エトワールのバイオ・ページです。(注:サイトは未だアップされていないのでジェレミーのランクはプルミエ・ダンスールのままです!)

http://www.operadeparis.fr/Tout-Savoir/Ballet/Bios/JeremieBelingard.asp

93年に18歳で入団したということは、今32歳ぐらい?コンテンポラリー作品で起用されることが多くて、自ら振付も手がけていますね。割と怪我に泣かされる時期が長かった印象のあるダンサーですが、任命された以上は頑張って、エトワールの名に恥じないお仕事をしていただきたいですね!最後の最後になってしまいましたが、

ジェレミー、エトワール任命 おめでとう☆

【3/29追記】パリオペ公式サイトでも発表されています。ジェレミーは今週末4/1のドン・キホーテに再登場、そして来月のサンドリヨンで王子役を踊るようです(日にちは不明)。

http://www.operadeparis.fr/Accueil/Actualite.asp?id=167
2007-03-29 06:41 | パリ・オペラ座バレエ | Comment(7)
Comment
びっっっっっくりしました。。。私も。
どうしてジェ・・・、あ、いや、どうしてもジェレミーをエトワールにしたかったとか???
mizuko 2007/03/29(木) 14:38:47) 編集


う~ん パリオペのエトワール任命劇はいつも最大級の関心をもって迎えられ・ありとあらゆるリアクションを生むわけですが、今回は特にすごいような・・・仏英米フォーラムを覗いてみましたが、肯定的な見方をしている人は殆どいないという厳しい状況ですねえ。"芸監の退官時期はいつだ?"という議論が再燃している模様です・・・。
Naoko S 2007/03/30(金) 02:34:56) 編集

ロイヤルで、エドワード・ワトソンがプリンシパルになったときみたいですね。演目にもよりますけど、ワトソンのその後の活躍はいいものがありますから、ベランガールも化けるかもしれませんよ。って、僕は彼のことを一切知りませんが。
守屋 2007/03/30(金) 13:38:54) 編集

先ほどパリから帰ってきてこのニュースを知り、驚愕&愕然としています…。実はミリアム&ティボーの26日の舞台が非常な感銘を与えてくれたので、もうドン・キを私の中では封印してしまい、28日のチケットは他の方に譲ってしまったのです。でも、ちっとも後悔はしていません。エトワールのノミネというなら、あの26日の終演後、ルフェーブルさんが出てきてくれないものか、と熱く願ったのですが…。たとえ、よく言われているような、ティボー君のサポートの問題やらなにやらがわかった舞台であったにせよ、ミリアム&ティボーのパートナーシップその他、あの日の舞台は観客を幸せにしてくれました。そのような熱狂が28日のバスティーユにあり、ジェレミーにオーラがあったのか?私も今回のノミネには非常に辛口にならざるを得ませんが、任命された以上は頑張ってね、ジェレミー。
Bera 2007/03/30(金) 18:38:57) 編集

こんにちは。
ちょうど私の友人がパリに行っていて、任命の場に居合わせたそうです。
こればっかりは引退公演と違って狙って立ち会える訳じゃないので、そんな経験ができて羨ましい!
ジェレミーがエトワールに相応しいかは別として...;;;

ジェレミーは若い時のエネルギーは凄かったな~と思いますが、
最近はちょっと落ち着いてしまったような...
私もプルミエ止まりかな~と思ってました。(彼、好きですけどね)
待ち望んでるようなカリスマではないですね~。
いかにも手堅い感じの任命に思えるのが気になるような..
年功序列的...とまで言うとジェレミーに失礼!?

あぁどうなるんでしょう~オペラ座...ハラハラ。
chelsea 2007/04/02(月) 04:44:09) 編集


守屋さん

実は、私も今回の任命に続くリアクションを読んでいてちらっとワトソンの時のことを思い出しました。しかし、あのときはUKフォーラムで非常に辛辣なことも言われていたけど、それと同じくらい、忠実なロイヤル・バレエ・サポーターからは暖かい支援を受けていたかな、という印象が。ジェレミーは、そうですね 日本以外の外国では殆ど知られていないのではないかな・・・イギリスで彼の名前を知っているバレエファンはそう多くないような気がします。

Beraさん おーミリアム&コボーのドン・キホーテをご覧になったのですか!パリのフォーラムをつまみ読みしていたら、Beraさん同様、ドン・キで任命するならあの二人であるべきだった・ひどい侮辱だ!とかなり皆さん熱くなっていました。それほど特別な公演/ペアだったのでしょうね・・・。ballet.coにパリのファンが英文で大絶賛レビューをポストしてくれてます。もし未だご覧になっていらっしゃらなかったら、是非~。

chelseaさん ちょっと前からフレンチ・フォーラムでよく見かけるのが、パリオペが一種役所化(ダンサーは公務員化)してるのではないか・・・という憂いの声。程度の差こそあれ、どこの組織でも組織である以上は免れないことかもしれないけど、芸術を仕事としているんですからねえ・・・ あーあ本当にどうなるんでしょうねーパリオペ・・・(嘆息)。
Naoko S 2007/04/02(月) 07:41:25) 編集

はじめまして。
私にとって、ジェレミーは、、、、昨年の世界バレエフェスで、堂々たる”世界初演”とクレジットされたル・リッシュが踊った新作の作者だということ。


あれは、わけわかんなかったわ、、、。

どうなっちゃうんでしょうね。

もうすぐダーシーの公演ですね。レポ楽しみにしております。
おロシア人 2007/05/09(水) 19:00:41) 編集

コメントを書く
#

管理者にだけ表示
06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。