スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
ベルリン国立バレエの07/08シーズン <中村祥子さん昇進のニュース>
米サイト・BalletTalkでこんなニュースに遭遇。れいによってAltaVistaで試し読みしてみました。

http://www.staatsballett-berlin.de/detail.php?id_page=15624&id=1&id_language=1&bereich=none&active=

ベルリン国立バレエのソリスト、中村祥子さんがプリンシパル・ダンサーに昇進されたようです。

私はこの方お名前しか存じ上げず、てっきりまだウィーンにいらっしゃるのかと思っておりました(汗)。K-Balletでも時々ゲストで踊っていらしていつもとても評判がいいですよね~ 是非一度生で見てみたいダンサーの一人なんですが、いつ叶うことか・・・。マラーホフのカンパニーでプリンシパルってすごいことですよね 今後の益々のご活躍をお祈りいたします!

ベルリン国立バレエは来シーズン新作を四つ上演するようですが、そのうちの一つがブルノンヴィル版「ラ・シルフィード」の復元。ペーター・シャウファスが制作を手がけるようです。バレエ団の来シーズンのテーマは、英語に訳すと"romance"となるのですが、「ロマンティック・バレエ」と解釈してよさそうです。マラーホフは、「バレエ史上最も重要といっていいこの時代の作品を集中的に学ぶことはカンパニーにとっておおいに意義がある」というニュアンスのことを語られているようで、うーん素晴らしい。

ほか、ゲスト・カンパニーにボリショイの名前がありました。公演日程は07年10月17~21日、白鳥の湖と明るい小川を持っていくようです。
2007-03-21 07:16 | パリ・オペラ座バレエ | Comment(2)
Comment
わ~、中村祥子さんがプリンシパルですか。すごい~。これは素晴らしいニュースをお知らせくださって、ありがとうございます。確かまだ今シーズンから移籍なさったばかりなはずです。マラホフはウィーンに度々客演していた頃すでに中村祥子さんには目を付けていて、「ベルリンの芸術監督に就任するときに、実は彼女を誘ったんだ」とインタビューで話してた記憶があります。(DANZA 2007年2-3月号だったと思いますが、捨ててしまったので確認できません~。。。) 私も中村祥子さんはテレビでしか見たことがないのですが(それも最近メディアへの露出度がアップしてくれたお陰・・)、ローザンヌに出場なさったときの踊りが強烈に印象に残ってまして、若い日本人ダンサーにはあまりいない、大人っぽい、雰囲気のある踊りする方だと感じています。もちろんとても美しいですし、テクニックは強靭です。熊川哲也さんが彼女をK-BALLETのゲスト・プリンシパルにつないでいるのは、さすがだと思いますね~。ちなみにローザンヌは1996年に出場し、スカラシップとテレビ視聴者賞を受賞とK-BALLETの公式サイトで確認しました。
mizuko 2007/03/23(金) 00:32:27) 編集


mizukoさん 中村祥子さんのことを教えてくださってありがとうございました。へえ~以前からマラーホフに目をつけられていたんですか彼女・・・すごいなぁ。ローザンヌ出場は96年ですか その時はもう私は日本を離れていたので、見てないなあ・・・(イギリスでは「勿論」このコンクールのテレビ放送はありませんので!)

来シーズンはパリに行く回数が減りそうなので(?)、かわりに他のバレエ団を見に行けるかもしれない・・・ベルリン国立は最有力候補の一つになりそうです。
Naoko S 2007/03/23(金) 09:22:13) 編集

コメントを書く
#

管理者にだけ表示
08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。