スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
ロパートキナとコルプの「ジゼル」
この二人がペアを組む初めての「ジゼル」、昨夜(3/9)予定通り上演された模様です!

昨夜から気になって色々なフォーラムを覗いていたのですが、いかんせんロシア語を読めないので情報が取れなくて悶々としていたところ・・・

先ほど在英ロシア人の友人が、ロシア語フォーラムで凄い話題になっていて、見た人は皆未だに恍惚状態みたい・・・と教えてくれました!

ああ ミュンヘンで本当に再現してくれるのだろうか・・・夢のようです。お二方、絶対に、絶対に、踊ってね!


(付記)こちらは別の友人が教えてくれました。この日のカーテン・コールの写真が見られます!

http://photofile.ru/users/poduchka/2515578/46641563/#breadcr

ロパートキナ、昨年末に東京で見たときよりも更に痩せているように見えるのが、ちょっと気になりますが・・・とても晴れやかな表情が、舞台の出来を語っているかな?
2007-03-11 00:11 | マリインスキー・バレエ | Comment(3)
Comment
こんにちは。この2人によるジゼル、無事上演されたようで何よりです。ロパートキナの表情もいいですね。ミュンヘン公演が予定通りキャスト変更なく行われるよう祈っております。
こう  2007/03/11(日) 12:35:26) 編集

想像するだけでうっとりしますね・・・。
先日、コジョカル・ルグリの「身分差カップル」ジゼルの映像をNHK教育で観ましたが、ロパートキナのジゼルは登場したときからそのろうたけた美少女ぶりで他とは一線を画しそう。2幕のウィリーはどんなに見事でしょう・・・と早くも妄想モードに入っています。
画像、ありがとうございました。
確かに上腕部がとても細くて心配になるほどですね。これが遠めではなんとも優雅なフォルムを描くわけなのですが・・・。
表情はとても美しく、光を放ちそうです。フー(ため息)。
maria 2007/03/11(日) 21:59:21) 編集


こうさん 
本当に、無事公演が行われたということでホッとしております。ミュンヘンも、どうかこのまま変わりませんように・・・と、毎日祈る気持ちです!


mariaさん

>>「身分差カップル」
>>ろうたけた美少女ぶり

出ました~!mariaさまならではの鋭い感性が光るきわめつけの一言。(特に後者は・・・スゴいです!)。ロパートキナのジゼル・2幕、本当にどんなにかウィリになりきっているであろうと想像しただけで・・・(感涙~~!)

ballet.coに、この公演を見たロシアのバレエ・ファンの感想を英語に訳してポストしてくれた人がいるのですが、そこに、「ロパートキナはポワントシューズの音をまったくさせなかった」と書かれていました。昨年の日本公演のときもそうでしたが、彼女は本当に、ビッグジャンプの着地でも決して足音をさせないんですよね・・・彼女自身の美意識もさることながら、きっと道具にも恵まれているに違いない、と、ポワントシューズも特注の特製なのかしら・・・なんて夢想しています。
Naoko S 2007/03/12(月) 05:53:45) 編集

コメントを書く
#

管理者にだけ表示
10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。