スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
ボリショイ・バレエ ロンドン・ツアー2007
わ~~い!!

今夏のボリショイ・コロシアム公演の全容が明らかになりました! 日程と演目は以下の通り:

7/30(Mon) 海賊 <ロンドン・プレミエ>
7/31(Tue) 海賊
8/1 (Wed) 海賊
8/2 (Thu) ラ・バヤデール
8/3 (Fri) ラ・バヤデール
8/4 (Sat) M&S ラ・バヤデール
8/6 (Mon) スパルタクス
8/7 (Tue) スパルタクス
8/8 (Wed) スパルタクス
8/9 (Thu) ドン・キホーテ
8/10(Fri) ドン・キホーテ
8/11(Sat) M&S ドン・キホーテ
8/13(Mon) トリプル・ビル* <ロンドン・プレミエ>
8/14(Tue) トリプル・ビル*
8/15(Wed) 海賊
8/16(Thu) 明るい小川
8/17(Fri) 明るい小川
8/18(Sat) M&S 明るい小川

*トリプル・ビル:メッセレルの"Class Concert"、ウィールドンの "Elsinore"、サープの "In the Upper Room"


3週間・全21回の公演。オープニングはロンドン初演のラトマンスキー芸監振付による新版「海賊」。(これってモスクワではもうプレミエ上演されたんでしたっけ?)プロモーターのサイトには、この海賊からと思われる写真が掲載されていますが、ザハロワ@メドゥーラのお衣装と髪型がとってもユニーク。まるでフランス人形、という風情なのですが、この金髪縦ロールのカツラ(?)がすんなりはまるダンサーはそうそういないでしょうね・・・

http://www.victorhochhauser.co.uk/bolshoi_ballet/bolshoi_ballet_coliseum2007/bb_c2007_index.htm

「海賊」のほか、ロンドン・プレミエの作品は三本ありますが、これをまとめて見られるトリプル・ビルもすごーく楽しみ。先日モスクワで初演されたばかりの英人振付家・ウィールドンの作品が早速お目見え。サープの"In the Upper Room"がボリショイのレパートリーに入っていたとは知りませんでした・・・未見なのですが、これってコミカルな作品でしたっけ追記:コミカルなわけではなく、わりとオーソドックスな抽象作品のよう(先月ABTが持ってきて話題になっていたけど、パリに行っていた私は結局サドラーズには一度も足を運べず・・・。)

大ニュースとなりそうなのは、かねてより噂のカルロス・アコスタのゲスト出演が確定したこと。スパルタクスのタイトル・ロールを踊るようです!

私的にとっても嬉しいのは、現在ダントツ世界一(当社比)の「影の王国」をまた見られること!「白鳥」が外されているのも密かにヒッジョーに画期的なことで、これまた私的には大歓迎(ボリショイとマリインスキーがロンドン・ツアーでこの作品を持ってこないことなんて殆どありませんから・・・例外は昨夏のマリインスキーのショスタコーヴィチ・フェスぐらい?)。昨年ロンドン初演で大フィーバーを巻き起こした「明るい小川」を4回上演するというのはちとギャンブルの気もするけど、どうなるかな?(何せコロシアムはウエスト・エンド一大きい劇場なのですよ~)

肝心のキャストは未発表なのですが、来倫メンバーに名を連ねているダンサーズは以下の通り:

ザハロワ、ルンキナ、アレクサンドロワ、アラシュ、シプーリナ、ヤツェーンコ、オーシポワ、ツィスカリーゼ、フィーリン、ウヴァーロフ、ベロゴロフツェフ、グダーノフ、クレフツォフ、マトヴィエンコ、スクワルツォフ

・・・ということでウヴァーロフをのぞけば昨夏のメンバーとほぼ同じ・超豪華ですねー(しかし、ベテラン組はまた連れてこないみたいで、グラチョーワのニキヤは見られないのか・・・)。今大変な話題の、「神童」イワン・ワシーリエフ君の名前がないけど多分まだ階級的には下の方だからかな?オーシポワとのペアで是非是非ドンQを踊ってほしいわ~~。

公演チケットの一般発売は今月26日より開始、プロモーターのメーリング・リスト・メンバーは3月23・24日の二日間に限り優先予約できます。チケット価格詳細は近日中に発表されるみたいだけど、コロシアムはオペラハウスと違ってスタンディングやスリップスみたいな安いエリアがないから厳しいなあ・・・。せめて昨夏のマリインスキーの時みたいなマルチ・バイ・ディスカウントが出ることを祈るのみ。

追記: 先月ロンドンでのABT公演をご覧になった方から、サープのIn the Upper Roomはコミカルな作品ではなかった、と教えて頂きました。さらに、YouTubeに映像があるということで、早速見てきましたが、純粋な抽象バレエ作品のようでした。(少なくともこの映像で見るかぎりでは)使われているパはとてもクラシカルで、ボリショイ・バレエのダンサーたちにとても似合いそう!とっても楽しみになりました~。(教えて下さった方、どうも有難うございました。)
2007-03-09 00:55 | ボリショイ・バレエ | Comment(11)
Comment
このコメントは管理人のみ閲覧できます
- 2007/03/09(金) 03:39:55) 編集

嬉しい情報、ありがとうございます。お財布が許せば、「明るい小川」以外は全部行きたいですね。特に、アコスタの「スパルタクス」はこの機会を逃したら観れないでしょう。心配なのはキャスト。昨年のように、見込みでキャストを発表しないで欲しいものです。
守屋 2007/03/09(金) 04:12:58) 編集

まぁなんて豪華な演目&メンバーなのでしょう!
ボリショイらしい華やかな演目が出揃いましたね。
アコスタの「スパルタクス」with Bolshoi dancersというのもLondon公演ならではの好企画。
この時期、日本ではルグリ・ガラ、Londonではボリショイ、ともに熱く盛り上がりそう・・・v

ところで、ザハロワの映像、拝見しました・・・。
ロシアものの衣装って常に洗練の英仏とは違って、ちょっとクラシックで濃ゆいがために、舞台の幕が開いた瞬間「!??」と衝撃が走ることが多々あります。ロシア人の風貌で、舞台全体がその濃いトーンで貫かれていると次第に目が馴れて(?)、心地よく感じられるのが不思議ですが・・・。
女性はまさにおっしゃるようにフランス人形ですが、男性の衣装も難易度が高そう(笑)ですね!
maria 2007/03/09(金) 04:30:28) 編集


守屋さん こんにちは(先日はメッセージを有難うございました♪)
おー 今回は明るい小川パスなさるんですねー これでまずは4回分のチケット代が浮くことになる計算で、ちょっと羨ましい(?)気も・・・私は各演目最低一回は見るとして、あとが難しいですね。アコスタのスパルタクスだけ異常なチケット争奪戦となりそうで、既に戦々恐々としています。


maria様 こんにちは~

>>この時期、日本ではルグリ・ガラ、Londonではボリショイ、ともに熱く盛り上がりそう・・・v

えーー??あら、ほんとだ・・・浮かれていてすっかり忘れていましたが、まさにルグリ・ガラとほぼ日程が重なっています・・・可能ならばルグリ公演も帰省して見に行きたいと思っていたんですが、ボリショイのこの充実の演目&ラインナップを前にして、こちらを振るわけにも うーん・・・(悩ましい~~)。

確かにロシアものの衣装やデザインは西洋の美的感覚とは別物の独特の感性にもとづいていて、味わい深いですよね。しかし、今回のこの衣装はまた・・・なんて珍しくて面白いものでしょう!マトヴィエンコとおぼしき男性は、これはおそらくコンラッド?(アリ=奴隷にしては立派すぎる装束!)この衣装など、19世紀の復刻版?なにやら海賊初演当時のデザイン画(見たことはありませんが・・・汗)から抜け出てきたような雰囲気もなきにしもあらず。それとも現代の作家が全くのオリジナルものとして製作したものなんでしょうか 興味は尽きません・・・
Naoko S 2007/03/09(金) 07:39:28) 編集

こんにちは。In The Upper Roomは
http://www.dropshots.com/day.php?userid=171017&cdate=20070309&ctime=000855
でもう少し見ることができますね。

私も去年の秋にNYでABTが躍るのを見たのですが、ボリショイのダンサーとABTのダンサーでは受ける印象がまったく違います。やっぱりボリショイのほうがずっとクラシカルなイメージがあります。
ユーモラスな作品ではないのですが、ハイパーテンションでエネルギーがほとばしるスリリングな演目です。ABTのシティセンターシーズンの中でも人気が高く、スタンディングオベーションが出ました。

アコスタのスパルタクス、凄そうですね!超観てみたいです。が、ルグリガラがあるので観にいけません。
naomi 2007/03/09(金) 20:04:33) 編集

Naoko S さん、ボリショイのロンドン公演、うらやましいですよ。
5演目ですか! また、オシポワはキトリを踊るのでしょうね。

>>今大変な話題の、「神童」イワン・ワシーリエフ君の名前がないけど多分まだ階級的には下の方だからかな?オーシポワとのペアで是非是非ドンQを踊ってほしいわ~~。

ほんとですね。どうして、名前がないのかしら?
NYタイムズのワシントンDCでのボリショイ公演のレヴュー記事に、オシポワとワシーリエフのステキな写真がデカデカと載っていたんですよ。(勿論、白黒なのですが・・)
是非、ロンドンでもこの若いカップルでドンキホーテが上演されますように!ご覧になられた際は、是非感想を聞かせてくださいね。


私も、海賊の衣装にびっくりしました。
でも、スタイル抜群のザハロワが着ると、不思議と素敵に見えてしまうのは私だけ・・・?



pigu 2007/03/10(土) 03:12:13) 編集


naomiさん こんにちは。映像のご紹介、有難うございました!早速見に行ってきましたが、

・・・おおー これは、ボリショイ・ヴァージョン!ロシアのTV局放送のものなんですね。舞台映像のみならずちらちらとダンサー&関係者のミニ・インタビューが出ていて美味しい映像。ここに登場しているMarianna Ryzhkinaは注目の若手ダンサーの一人みたいですね(今夏のロンドン公演で早速キトリ・デビューする模様!)。

この作品、NYではスタオベが出るほど高く評価されているのですね~見るのが本当に楽しみになってきました!


piguさん

ウフフッ・・・いいでしょ~ロンドン公演。今回も本拠地で初演されて間もない演目を早速持ってきてくれるのが、ほんとに有難いです。

>>是非、ロンドンでもこの若いカップルでドンキホーテが上演されますように!

ありがとうございます 実現しそうですよ!昨日キャスト情報第一弾が発表されたんですが、この二人はドンQの初日(!)、8月9日に踊る予定となっています。これは別稿で詳しくご紹介いたします~。
Naoko S 2007/03/11(日) 00:53:09) 編集

あの…期待を裏切ってすいません。
Marianna Ryzhkina(マリアンナ・ルィシキナと発音します)は、期待の新人ではなく、円熟のベテラン、30代半ばのお子さんが2人もいるお母さんです。確か長男はバレエ学校に入学していて、学校公演にも出演しています。ご主人も有名なダンサーだったはず(名前は失念してしまいましたが)。彼女はあまり外国のツアーに参加していなかったので御存じないかもしれませんね。小さめのダンサーですが、容姿に優れているとは言えません。でもパートナーに負担をかけないダンサーであることは間違いないと思います。
けいちか 2007/03/14(水) 18:13:26) 編集


けいちかさん こんにちは!

いつもいつも、迅速で的確なボリショイ情報を有難うございます。大変失礼しました ルィシキナさんはベテラン・ダンサーだったのですね・・・そういわれてみると、naomiさんにご紹介頂いた映像でチラと映った彼女に、「随分老け顔なのね」と思った私(汗)。過日英サイトで要注目のダンサーの一人と話題になっていたので、てっきり新人さんだと思い込んでいたのです。ルィシキナさん ごめんなさい!

あ、それからキャスト情報第2弾によりますと、残念ながら彼女のキトリは見られないようです・・・代わりにステパネンコが入りました。
Naoko S 2007/03/15(木) 07:52:14) 編集

今日のテレグラフに広告が出ていましたが、19日からテレグラフのボックス・オフィス部門で、先行予約が始まるそうですし、テレグラフのウェブからも予約できるような感じでした。まだ演目を絞りきっていないし、ロイヤルの予定が発表になる前に予算を使い果たしたくないし、でもそんなことを言っていると売れきれてしまいそうだし、ロイヤル・オペラ・ハウスでの夏の興行も気になるし、ってな感じです。
守屋 2007/03/18(日) 05:05:52) 編集


守屋さん お知らせありがとうございます!

その件、ballet.coでポストされていて気になっていたんです。テレグラフでブックするには、パスワードか何か、必要なんでしょうか?こういうオファーでありがちなのは、高い席中心の販売で、一番安いところは売ってくれなかったりするんですけど、どうなのでしょうねー?私もあとでテレグラフのHPを見てみようと思います。

うーん先行発売と同時にめちゃくちゃ売れるということはないような気がしますけどねー。ロシアのバレエ団って、2年続けて来るとわりと出足が遅かったような印象があります。数年ぶりだとすごいですけど。コロシアムは大きいしな~でも昨夏の大ヒットでファンもあらたに増えたにちがいないし、油断できないですけどねー。私は安い席狙いなので、やはりそこそこ買っておこうかな、という感じです。
Naoko S 2007/03/18(日) 08:49:09) 編集

コメントを書く
#

管理者にだけ表示
09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。