ミッシェル・ポルナレフ
いよいよ"プルースト"初日を迎えて、いつものTF1ニュースで映像が見られないかな・・・と勇んで見に行きましたが、残念 ありませんでした。きっと後日紹介されることでしょう・・・

ところで、そのサーチの副産物。13時のニュースでミッシェル・ポルナレフ関連のレポタージュが約3分に渡って放送されていました。デビュー当時?とおぼしき若き文学青年風のモノクロ映像や全盛期のオランピア劇場での映像など、なかなか見応えあり。彼は明日3月2日のパリを皮切りに全仏ツアーをスタートさせるんですねー それで3分間の特集を組まれたわけか。(以前どこかでこのコンサートの宣伝を見たんだけど、チケット代がすごーく高いのにびっくりしたのを憶えている・・・バレエよりも遥かに高かったです。)

http://videos.tf1.fr/video/news/?trk=1&e=182

※上記サイトを開いて、中央やや右よりの"LA DERNIERE EDITION DU JOURNAL TELEVISE"をクリック。別ウィンドウが開いてビデオが(おそらく)20時のニュースをスタートさせますが、これを停止して、1 Mar 2007、13hをクリック。最後から3番目の話題、Polnareff en chanson をクリック。

ポルナレフといえば、何と言っても真っ先に思い出すのは日本でも大ヒットした「シェリーに口づけ」。これ、中学校の体育祭でいつも"Hustle"と並んで徒競走のテーマに使われてたんですよ・・・(ああ懐かしの70年代後半・・・)。ポルナレフ、私はリアルタイムで聴いていたわけではないしベスト盤ぐらいしか知らないけれど、結構好きですね。「哀しみのおわる時」とか、「ロミオとジュリエットのように」とか・・・名曲を沢山残した素晴らしいメロディー・メーカー。久々に、聴いてみようかしら。
2007-03-02 08:04 | 音楽 | Comment(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--