スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
イレールの引退公演!(その2!!)
キャ~~~~!

今ダンソマニ経由でパリオペのHPにいってみたところこの情報が!

http://www.operadeparis.fr/Accueil/Actualite.asp?id=105

12月に幻と消えたイレールの引退公演が、2月14日(水)に予定されているではないか~~!彼が踊る演目はバランシンの「アポロ」、そして、なななんと、この夜だけ特別に、

「さすらう若者の歌」をルグリと踊るとか!!

これが本当なら勿論行くしかありません。ダンソマニ管理人氏がポストの中で、また変更する可能性もあり・・・と書いているのが気になりますが、今度こそ必ずや実現させてね 殿~~~!
2007-01-18 08:12 | パリ・オペラ座バレエ | Comment(6)
Comment
おめでとうございます。ヴァレンタイン・デーだと、ユーロスターのチケットも早くに売れてしまうでしょうから、迅速な決断を下さないとですね。
守屋 2007/01/18(木) 16:24:17) 編集

「さすらう若者の歌」ですか・・・。一昨年の夏、ルグリガラでの熱演が瞼に浮びます・・・。
もっと先だと良いのに、と密かに願っていた殿の引退、最後の舞台(あぁ、言葉が重い)しかと見届けてくださいませ!!
maria 2007/01/19(金) 02:42:05) 編集

守屋さん ありがとうございます!!

>>ヴァレンタイン・デー

そーなんですよ~なんとValentine's Dayにアデュー!なんてニクいお方でしょー。V-Dが週末にかかっていたらイギリスから「恋人たちの街・パリ」(と、この国では思われている)にどっと繰り出すカップルが多かったことでしょうが、幸い今年は週中なのでユーロスターも手ごろなチケットが残っていました。後は予定通り公演が行われることを祈るばかり・・・

mariaさま ご一緒にガルニエで殿をお送りすることができればよかったのですが(mariaさまはパリにはいらっしゃらないのですね・・・くすん)。私はイレールのアポロを観たことがないので、これを最後に見られるというのは有難いことですが、それでももしこの演目だけだったら、やはりちょっとさみしい気持ちになったと思います。・・・が、しかし!

「さすらう若者の歌」を今一度踊ってくれるのなら!

もう、思い残すことはない・・・と申さねばならないでしょう。ガルニエでの彼の最後の舞台のパートナーがルグリ、というのも、これ以上望みようのないお膳立て。

このまま何事も起きず・変わらず 聖バレンタイン・デーを迎えられますように!ひたすら祈るのみです。(殿~~~~!)
Naoko S 2007/01/19(金) 07:22:43) 編集

いよいよ、アデュー公演が現実のものになろうとしているのですね。やってほしい、でもアデューはもっともっと先にして~というジレンマ…。「アポロ」、Naoko Sさんもおっしゃっているように若手ではマチューなら輝くばかりの太陽神を踊ってくれるでしょうけれど(だからこそ降板が残念!)、ベテランの渋=通(失礼!)、バランシンを踊るにふさわしい肢体を備えたイレールのアデューにふさわしい演目といえるでしょうか。遠く日本で心の中で花を降らしておりますので、2/14、ガルニエで盛大な拍手を殿にお願いします~。
Bera 2007/01/19(金) 08:33:54) 編集


Beraさん 確かに私も、普通に考えれば(?)ディオニュソス的要素に満ち満ちている今のイレールが一体どんなアポロを見せてくれるのか?見るのがとっても楽しみなのです。(「ミューズたちを導く神」という役柄は彼にどんぴしゃ似合っていて説得力抜群でしょうけど・・・この点は心配ないのですが。笑)

心の中で花を降らす・・・って何て素敵な表現でしょう!イレールが聞いたらさぞ喜ぶでしょうね~。Beraさんの分も目一杯、拍手とブラヴォーを送ってきますね。
Naoko S 2007/01/19(金) 10:22:38) 編集

このコメントは管理人のみ閲覧できます
- 2007/01/20(土) 12:01:49) 編集

コメントを書く
#

管理者にだけ表示
10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。