スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
The Best of British
昨夜BBC1でやっていたビートルズのドキュメンタリー番組を見ながら、最近またこのバンドの話題をよく見聞きするなあ・・・と、その不滅の人気とアピール力に感心することしきり。

まずは今週火曜、ロイヤル・メールがビートルズの特別切手を売り出した。私はこれについては全然知らなかったのだけど、家人が買ってきた切手のデザインを見て一目で気に入ってしまい、早速買いに走った。翌日興奮気味に会社で数人に話をするも知らない人の方が多くて、何人かの同僚は「どうせロイヤル・メールが儲けたいだけでしょ」とシニカルな見方をしていたけど・・・。確かに何故今、ビートルズの切手が?という素朴な疑問がわいてくる。イギリスの切手デザインではロイヤル・ファミリーをのぞき存命中の人物は使わない、というのが基本原則のようだからこれは極めて稀なケース。(それに今年は別にビートルズにとって何かの記念に当る年ではないようなので、この切手、厳密には「記念切手」とは呼べないんですよね。これについてロイヤル・メールの見解は、「彼等の影響力の甚大さからして切手発行にあえて<記念>となる節目やイベントを必要としない」ということのようですが・・・。)

それはさておき、肝心の切手のデザインは大別して2種類。一つは彼等のアルバム・ジャケットのデザインから6枚、そしてもう一つはビートルズのメモラビリア(グッズ)から4枚。アルバム・ジャケットは彼等の代表作から選んだのでしょうか、この6枚: "Meet the Beatles"(デビュー作)、"Help"、"Revolver"、"Sgt Pepper's Lonely Hearts Club Band"、"Abbey Road"、"Let It Be"(最終作)。この中では唯一のイラスト画であるRevolverのデザインが個人的には一番好きだけど(サイケ・シックでカッコいい~)、ビートルズ・ファンにはやはりメンバーの写真が使われている他の5枚の方がアピールするのかな。(ちなみにもし私が選ぶ立場だったら、絶対「ホワイト・アルバム」も入れるけどなぁ。前衛的・クールという意味ではなんたってあれが一番では~?)もう一種類の、ビートルズお宝収集家のコレクションから選ばれたグッズの写真デザインもポップで可愛らしいです。私はアルバム・ジャケットのよりこちらの方が好きかも~(イギリス人ってほんとにこういう分野には秀でてるわ・・・)。切手のほか、同じデザインのポストカードもあり、どちらもロイヤル・メールのサイトから購入可能ですので、欲しい人は速攻で行くべし!(↓のサイトで切手の拡大写真を見られます)

http://www.norphil.co.uk/2007/01-beatles.htm

もう一つの話題は、ビートルズとサーカスのコラボレーション、シルク・ドゥ・ソレイユのショー・"Love"。昨年暮れにBBC1でこのショーのメイキング・ドキュメンタリーが放送されたのだけど、もう食い入るように見てしまった。音楽はビートルズ・プロデューサーのジョージ・マーティンと彼の息子ジャイルズが手がけ、既存作品プラス未発表の音源・デモテープも使って音楽をカット&ペーストして再構築したもの。これだけでも聴きがいがあるけれど、何といってもシルクの想像力豊かでファンタスティックなステージが素晴らしい!芸術的サーカス集団と評されるシルクのことは前から気になっていたのだけど、こんなにすごいとは・・・と、映像を見ていてもたってもいられなくなりシルクのサイトに行ったのだけど、残念ながらこのショーは会場が限定されていてツアーにもっていく予定はないそう(見たければラス・ヴェガスに行くしかない!)。シルクのHPでショーのさわりを見てはため息ついてます・・・

http://www.cirquedusoleil.com/CirqueDuSoleil/en/showstickets/love/intro/intro.htm?sa_campaign=internal_click/redirect/love

解散して40年近くたつというのに音楽の魅力が色褪せないばかりか、変わらず母国・イギリスに有形無形の恩恵をもたらし続けている史上最高のロック/ポップ・グループは、間違いなくこの国の生んだ最高傑作の一つ!とあらためて感じる今日この頃です。
2007-01-14 07:43 | 英国生活 | Comment(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。