ルグリも降板・・・ジゼル ←復活しました!
ああ なんとマニュエル・ルグリまで降板してしまいました パリオペのジゼル・・・キャストは(更に)大幅に変更されています。

<12月9日修正:12月8日付のパリオペHP情報によると、ルグリは12月19日一回だけ踊る模様です>

<12月11日再修正:本日付のパリオペHP情報によると、ルグリの出演日に12月16日が追加されています>

http://www.operadeparis.fr/Saison0607/Distribution.asp?Id=993

ルグリの登板予定だった日は、19日をのぞき 一部ニコラとマチューが代役でオレリーと踊ることになっています。結果、アルブレヒト役の出演回数は<現状>以下の通り。

ニコラ 6回
マチュー 5回 4回 3回
ジョゼ 4回
バンジャマン 3回
ルグリ 1回 2回

アルブレヒトってそんなに男性ダンサー泣かせの役なのでしょうか・・・開幕前でこれだけバタバタと倒れられると開幕後も不安なものが・・・。相手をかえて踊らなければいけないニコラとマチューは役作りも大変なのではないかしら。ニコラはそれこそ大事な映像撮りの前に怪我でもしたら・・・と心配になってしまいます。

パリオペのキャスティング・ポリシーは不可解と感じさせられることが度々あるけど、こういう非常事態には若手同士を組ませるキャストが1、2回あってもいいような気がするんだけど・・・ジゼルは特別(大事)な演目だから原則エトワールでないと踊らせないのかなぁ。

ともかく初日は明晩に迫っています!まずはニコラが無事登場してくれることを祈ります・・・

2006-12-07 12:12 | パリ・オペラ座バレエ | Comment(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--