スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
ル・リッシュとロホの「若者と死」
イングリッシュ・ナショナル・バレエの"Ecstasy & Death"公演、結局初日と二日目の二回見ました。

ニコラが・・・圧巻でした。バレエの舞台ですごく久々に「芸術家」のパフォーマンスを見た、と思った。冒頭から恐ろしいほど集中していて、気迫がすごい。瞬時に観客を舞台に引き込む存在感と、大人の男の色気炸裂!素晴らしくセクシー・・・イレールを思い出しちゃった。(パリの男性ダンサーって引退の近い年齢になるとどうしてこうも壮絶な色気を醸し出すようになるんでしょう・・・勿論全員じゃなくて「選ばれた」人だけだけど。)動きの、ポーズの、一つ一つがいちいち美しいことに見とれ(ため息・・・)、顔の表情をみるととても複雑でニュアンスにとんでいて・・・感情が揺さぶられて映画を見ているような気分になった。

彼の若者は常に極度の緊張状態にあって、ほとんどパラノイア状態で何かに怯えている。実在の不安ではなく、頭の中に巣食った苦悩。そこに登場する「女」は、だから、彼の妄想の産物・・・と思わせてくれるのが順当というか腑に落ちる・・・はずなのだけど。想像の産物にしてはロホはあまりに生々しすぎた。彼女は100%血の通った生身の女として登場して、「生き生きと」ニコラの若者を翻弄し、いたぶっていた。

これは珍しい役解釈ではないかなあ・・・まぁこういうのもありかとは思うけど、私的にはもう少し現世離れしてミステリアスなタイプの方が好みだな。(ああ、ロパートキナが相手だったら・・・)ロホの表現はあまりに劇画チックでやりすぎ感があって、ニコラの表現していた作品世界とは相容れない感じだったけど、でもニコラがあそこまで入り込んでたのはパートナーが彼女だったから・・・ということもあったのかな?と。(二日目のロホの登場シーンで、同じ列に座っていた若い女の子たちがげらげら笑い始めたのには一瞬ぎょっとしたけど、まぁ気持ちはわからないでもない・・・あの登場の場面で彼女、全身からイケイケ感発散してたもんなぁ・・)

まぁでもタマラはニコラと踊れるのが嬉しくて嬉しくて仕方なかったんでしょう。初日の数日前にMETRO紙に出たインタビューで、17歳の時に初めてニコラを見て以来ずっと片思い、ENBの芸術監督になって初めて自ら組んだこのプログラムで「芸監の特典(権)」としてニコラを招聘した、と憚ることなく語ってました。そんなにニコラが好きなら是非また呼んで!!カーテン・コールでのニコラの本当に、心から嬉しそうな表情を見て、ひょっとしてまたここで彼の舞台を見られるかも・・・?とかすかな希望を抱いてしまった私でした。

スポンサーサイト
2013-04-22 09:03 | その他のバレエ・ダンス公演 | Comment(6)
ニコラ・ル・リッシュ with ENB
これは是非とも記事にしておかなくちゃ、と思いつつなかなか書けずにいたら、ひえ~もう公演が今週木曜に迫っているではないか~(焦)。イングリッシュ・ナショナル・バレエのモダン・トリプル・ビル”Ecstasy and Death"公演に、パリオペラ座のニコラ・ル・リッシュが客演するのですよ。

ニコラはプティの「若者と死」に出演、共演はタマラ・ロッホ。他の二本はキリアンの「小さな死」とランダーの「エチュード」。ニコラは初日4/18日と翌日のソワレ、翌々日のマチネにキャストされてます。ほんとに来てくれるのだろうかと気がかりでここ数週間ときどきballet.coをチェックしてたのだけど、今のところ大丈夫みたい。おととい「キャスト変更」の情報がポストされていて一瞬ひやっとしたけど、変わっていたのはセカンドの方だった(ほっ・・・)。セカンドキャストはヨナ・アコスタの予定だったのだけど、彼はビザ問題でひっかかってしまったようで、代役は、なんと、元ロイヤル・バレエのイヴァン・プトロフ。(彼は役デビューだそうです)以下、日毎のキャスト、ballet.coからのコピペ:

Le Jeune Homme et la Mort
18 April Rojo – Le Riche
19 April Zhang – Putrov (Matinee)
19 April Rojo – Le Riche
20 April Rojo – Le Riche (Matinee)
20 April Zhang – Putrov
21 April Zhang – Reimar

昨秋タマラがENBの芸監に就任して新シーズンのプログラムを発表したときに、「ニコラ客演」の嬉しい情報を発見。ロンドンで(メインロールを踊る)ニコラを見られるなんて、なんて美味しいの~ありがとうタマラ♪と嬉々としてたんだけど、その後ニコラが来シーズンでパリオペ引退と聞いて、ああひょっとして彼を見られるのはこれが最後なのかな・・・と淋しい気持ちに。5月末のシルヴィの「6000マイル」公演にも客演してくれる予定だけど、あれは短かすぎるしやっぱりシルヴィのサポートなんだよね、基本的に。

せっかくスペシャルゲストが出る貴重な公演なのにチケットあまり売れてなかったみたいで、これまで2for1ディールとか高い券種の席のディスカウントとか色々出てました。この分だと当日レスタースクエアの格安チケット・ブースでも買えるかも・・・。私がブックした席はバルコニー最前列なんだけど、たったの10ポンド・・・ニコラを見られるっていうのにこんなに安くていいのだろうか・・初日の感想次第では二日目、三日目も行こうかなと思ってます。パリオペラ座最後のheavy-weightダンサー・フランスの人間国宝を見られるチャンスですよ~UK在住のバレエ・ファンの皆様、この公演、強力におススメいたします~~。

(ちなみに会場はロンドン・コロシアム。最近はますますバレエから遠ざかってるのだけど、つい先週末までここでミハイロフスキー・バレエが公演していて、一回だけ観に行った。演目はナチョ・デュアト振付のバッハへのトリビュート作品で、なかなか面白く見られたのでちょっとメモを残しておきたいんだけど、できるかなあ・・・)
2013-04-15 09:55 | 情報系(ニュース、公演) | Comment(2)
04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。