スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
ボリショイ・バヤデール@シネマ (1/27)
本日午後のライブ・リレー、見てきました。バレエ・シネマを見るのは実は今回が初めて。チケット代がわりと高いのと(15ポンド。日頃生の舞台を見るのとたいして変わらないかむしろ映画の方が高い!)、ボリショイの場合は主役が大抵ザハロワのことが多いので・・・今回はマーシャが準主役で登場したのでついに重い腰を上げて行ってきたわけですが、よかったです。やっぱりボリショイはレベルが高い。

家から一番近いウィンブルドンの映画館で見たんだけど、席数少ないのに2/3埋まってるかどうか、というところ。しかもお客さんはシニアばかり。私と同世代の人たちすら殆どいなかったような・・・まあ普段オペラハウスでもこんな感じだから驚くには値しないけど、つくづく、クラシック・バレエって若い人にはアピールしないのね(この国では)既に"終わっちゃった"芸術ジャンルなのかなあ・・・と嘆息。

ボリショイのバヤデールはグリゴローヴィチ版だけど、これってニュー・プロダクションだったのね・・・と始まって暫くしてから気づいた。一部セットと衣装が変わってるし、マイム・シーンも前と若干違う所があるような。驚くべきは、最後の場面。なななんと、寺院崩壊シーンがなくなってる~~!!

・・・あれまーなんてこった・・・最後は、影の王国の夢から醒めたソロルがニキヤの幻影を求めて嘆いている?ソロルのモノローグで終わり(ちょっとジゼルの終わり方に似てる)。これじゃーマリインスキー、パリオペ版と大差ないじゃない・・・寺院崩壊した方がドラマティックでボリショイ・バレエ団の気質に合ってると思うけどなあ。どうしてまた改訂しちゃったんだろう・・・(ブツブツ)。

さて本題。本日の私のお目当てマリーヤ・アレクサンドロワですが、

すっばらしかった!!

です。まずもって、スター・オーラが別格。きっらきらに輝いてて、そのあまりのゴージャスさに終始どぎまぎ、他には何も目に入りません~状態。シネマ仕様の顔の表情、マイムの身振りはいつにも増してメリハリたっぷり、彼女の周りには常にドラマが起きている・・・二幕の婚約式のシーン、あんなにおおらかであでやかで包容力に満ちたガムザッティのヴァリエーションは見たことがありません。私の大好きな、マーシャ・アレクサンドロワの"big ballet"を堪能させて頂きました。

主役のザハロワ@ニキヤも磐石の出来でしたが、古典作品を踊るザハロワに不感症の私は、影の王国では眠気に襲われてしまった・・・あと気になったのは、あまりに痩せすぎていること・・・腿の太さが膝から下と同じぐらいに見えたのにはひいてしまった。(バレ友いわく、"emaciated"--いくらなんでも痩せすぎで見ていて辛い、と。)三幕のクラシック・チュチュを着ているときはそれほどでもないんだけど、一・二幕の衣装だとどうしても気になってしまう。ソロル役は若手のホープ・ウラジスラフ・ラントラートフ。二人の鉄板プリマを相手に大健闘してたけど、いかんせん線が細いのよね・・・顔立ちもまだ幼い感じだし早くもうちょっと逞しくなってほしいな~(バレ友いわく、「戦士っていうよりパブリック・スクール・ボーイ」)。まぁまだ若いからこれからですね。

サポート・キャストもいい仕事してました。特筆すべきはマグダヴェーヤ役のアントン・サヴィーチェフ、二幕の壷の踊りのアンナ・レベツカヤ(当初予定キャストのフィーリン夫人マリーヤ・プロヴィチから変更)、太鼓の踊りのトリオ。シェードの三人娘はスタシュケーヴィチ、チホミロワ、アリザーデ。皆しっかり踊っていたけど長い手足を活かしてのびのび踊っていた第二ヴァリエーションのチホミロワが特に目をひきました。

うん、やっぱりボリショイのバヤデールはいいな。この夏のオペラハウスでのバヤ初日はいつもよりフンパツしてちょっといい席買おうかしら。

http://www.bolshoi.ru/en/performances/1/roles/#20130127190000

【1/28付記】友人がこんなナイスなリンクを送ってくれました。昨日ロシアのTV局で放送された舞台、全編見られます:

http://kaban.tv/archive/rossiya-k/2013-01-27/574926

いつまで閲覧可能なのか、日本でも再生可能かわかりませんが、是非一度お試しあれ。二幕を中心にざっと見たけど、あらためて、ファキール役のアントン・サヴィーチェフ、太鼓トリオの一人のイゴール・ツヴィルコ、マヌーのアンナ・レベツカヤ(かっわいい~~~)が良いわ~~。マーシャは、画面からはみ出そうなぐらい勢いがあるよ~~。
スポンサーサイト
2013-01-28 07:34 | ボリショイ・バレエ | Comment(10)
ボリショイ・バレエ ロンドン公演2013
たいへん遅ればせながら、皆様あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくおつきあいくださいませ。

この夏のボリショイ@オペラハウスでの公演情報が入ってきたのでアップしようと思ったら、同じタイミングでモスクワからショッキングなニュースが・・・フィーリン襲撃事件。昨夜知って以来気がかりであちこちのサイトを覗いてるけど、さきほどアメリカのフォーラムで、失明という事態は免れそう・・・との情報を発見。少しほっとしたけど、全治までに最低6ヶ月はかかる、との情報も。夏のロンドン公演に間に合うかしら 医師団のみなさんの健闘を祈るばかりです。一日も早く、回復されますように・・・

以下、夏の公演のスケジュールです。キャスト情報は(当然ながら)まだ出てません:

- 白鳥の湖: 7/29, 30, 31, 8/1, 10*, 14, 15
- ラ・バヤデール: 8/2,3*
- 眠れる森の美女: 8/5, 6, 7, 8, 9
- シンフォニー・クラシック(ポーソホフ)/春の祭典(マクレガー)/ダイヤモンド: 8/12, 13
- パリの炎: 8/16, 17*

* 昼夜二回公演

ああ残念、ライモンダが入ってなかった・・・。しかし、白鳥8回は過去最多(悪)記録ではなかろうか。三週間のレジデンスのうち丸一週間白鳥がかかってるってことだもんね~。一方で眠りの5回はちょっと多すぎるような気がする・・・グリゴロの新版だから売り込みたいのかもしれないけど、バヤとパリの炎が3回ずつしかないのと比べるとねえ、どうなんでしょ。チケットの価格帯はこのニ演目・白鳥と眠りが8~120ポンド、他の演目は8~110ポンド。一般向け発売日は・・・と探してみたけど見つからなかった。判明次第、また情報アップします。
2013-01-20 12:35 | ボリショイ・バレエ | Comment(19)
01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。