スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
リカルド・セルヴェラのコーラス
・・・を見たくて行ってきました、ロイヤル・バレエの「ラ・フィーユ・マル・ガルデ」、4/28(土)マチネ公演。

いや~~セルヴェラは想像通り、いや想像以上に、素晴らしかった。ストールズ・サークルの前から2列目、ステージ横の席で見ていたので舞台がすごく近くて(これでチケ代11ポンドは安すぎる・・・もうちょっと上げてくれてもいいよ~と思ってしまった)、オペグラなしでダンサーの表情もバッチリわかる。

セルヴェラが舞台に登場して、まず(軽く)驚いてしまったのが、"なんて綺麗なダンサーなんだろう・・・"と。中肉中背、筋肉のつき方がマッチョすぎずに・でも男性らしく、逞しく美しい。プロポーションも整ってるし、こんなに美しいダンサーだったか・・・と(なにせもう長いことロイヤルご無沙汰してたもので)軽いショックを受けてしまった。

私は彼を見るといつもそこはかとなくヌレエフを思い出してしまうんですが、それは多分に顔の骨格が似てるから(頬骨が高いところとかアゴの線とか)・・・と思ってたんだけど、至近距離で見て、顔立ちもさることながら表情もちょっと似てるかも・・・と感じた。ツンと気取った貴族的な表情(に、倣岸不遜さのスパイスがちょっぴりまぶしてある)をしたヌレエフに、似てるなーと感じる瞬間があった。

セルヴェラが気取ってた・傲慢だった、というのでは勿論ないです。ただ、コーラスという田舎のあんちゃんの役を敢えて「フツーの男」として演じ過ぎることなくクラシック作品の主役男性として演じていたように見えた・・・どこまでも、クラシカルに美しかった。動いているとき以外でも身のこなしが古典的に美しいんですよ。そして踊っているときは、技術的要請の高いこの役の、ツボをしっかり押えていて、うんうんよくわかってるなあとニンマリ。(特に「止め」の技術が秀逸。この点、パートナーだったラウラ・モレーラにはがっかりさせられたので、彼の的確さがことさら引き立ってました。)まぁ~しかし、指の先まで神経の行き届いた、ほんとうに「クラシカルに美しい」セルヴェラのコーラスだったのでした。彼がどうしてもっと全幕ものの主役を踊っていないのか、ロイヤル・バレエの最大の謎の一つだわ・・・。

リーズ役のラウラ・モレーラは、この役を踊るには少々トウが立っていたような・・・。彼女は踊りはまぁまぁソツなく、演技も上手いんだけど、可愛らしさとフレッシュさに欠けるところがツラい。あと、決定的に、あのアシュトンの大胆で"粋な”振付をモノに出来てるとは思えなかった。私はロイヤルのリーズといえば殆ど都さんしか知らないので、もしかしたら他の誰で見ても同じだったのかもしれないけど、小気味よく・溌剌としたリーズの振付の醍醐味を味わうには至らなかったのでした。(都さんのときは、彼女が素早い振りからピシッ・パキッ・ビシッとキメのポーズに至る流れのごくごく自然なことを、その驚異的な音楽との一体性に感嘆しながらドキドキして見てたものです。あのワクワク感は、モレーラの踊りからは味わえず・・・。)

この二人のパートナーシップ、以前この演目で共演したときに地元ファンの評判がやけに良かったけど、私には格別スペシャルには見えなかったなあ・・・。むしろセルヴェラには他のダンサーと組んでこのバレエを踊ってほしい気が・・・。(高田茜さんなんていいかも。彼女なら大胆でキリッとしたリーズを踊ってくれそうだわ。)

この日のシモーヌ未亡人はアラスター・マリオット、アランはリアム・スカーレット。スカーレットのアランは可愛らしかった。コミカルな路線を押し出しすぎることなくちょっと同情を惹くタイプというか、守ってあげたくなるタイプというか(笑)。いつ見ても楽しいクロッグ・ダンスは今回も期待に応えて笑わせてくれた(客席大受け)。舞台の近くで喰い入るように観ていたせいか?、マリオットが、カタタ・カタタ~と音を鳴らしながらステップ踏むのを見たら、私も一度あの木靴履いて踊ってみたい!という願望がふつふつとこみ上げてきた(笑)。

イギリス人の大好きなラ・フィーユ、上演されるときはいつもfeel-goodな空気が劇場に流れてるんだけど、この日は特に客席の雰囲気が良かった。マチネのせいか小さな子供たちが沢山来てたんですよね。で、この子達が随所で愉快そうにキャッハハ~と笑うと、つられて大人も(二重に)ふふふふ~と笑ってしまう・・・みたいな。あ~楽しかった 行ってよかった~。(ちなみに子供達の笑いのツボは、ニワトリ・ダンスとアランのコミカルな演技、みたいでした。)
スポンサーサイト
2012-04-30 09:31 | ロイヤル・バレエ | Comment(12)
クイーンwithアダム・ランバート@ハマースミス・アポロ
ナイル&シックの公演の様子が気になってブルーノートのサイトとか巷のブログとかちょこちょこ覗いてたんだけど、ほぼ全回満員御礼の大盛況だったようで、よかったね~&滅茶苦茶羨ましいぞ~。で、何気にライブ・レポ中に嬉しい情報を発見!なんと彼等は今年の年末年始もブルーノートに戻ってくるかもしれないとか・・・行きたいな~今年は日本で年越ししちゃおうかなぁ。真剣に要検討だわ~~。

それと、サイト見て思いだしたけど、昨日からロニー・ジョーダン・トリオが公演やってるんだよねぇブルーノート。この時期に帰国すればナイル&シックに加えてこの人も聴けたのよね・・・今どんな音楽やってるのかなぁ 聴きたかったなあ。(彼なんてUKのアーティストなのにロンドンじゃほとんど聴く機会ないんだから!)

さて、この夏のミュージック・イベント情報の続報。大物がきましたよ~~ クイーン!!

昨年がバンド結成40周年の記念年だったし、今年はエリザベス女王のダイヤモンド・ジュビリーだし、なにかやってくれるんじゃないかなぁ~と期待してたんだけど、やっぱりきました。サバイビング・メンバーのブライアンとロジャーに加えて、なんとアメリカン・アイドルの
runner-up・アダム・ランバートをヴォーカルに迎えて、ハマースミス・アポロ劇場で
7/11、12の二日間公演。

これ、実は代替公演なんですよ。もともとはネブワースという町(ロンドンの北・かなり郊外)で毎年開催されてるメタル・フェス?Sonisphere Festivalにクイーンがヘッドライナーの一角として出演するはずだったんだけど、どういうわけかイベントごとキャンセルになってしまい・・・急遽クイーン単独の公演にスイッチ。西ロンドンにある会場のハマースミス・アポロは、その昔ハマースミス・オデオンの名前で通ってた70年代にクイーンが数々の名演を繰り広げた、バンドにとって所縁のある場所。キャパは約8,700(うちスタンディング5,000)。

正直ロートル・ファンにはロック・フェスよりクイーン単独のコンサートの方がありがたいので、この変更は大歓迎。フェスだとぜーんぜん知らない(&余計な)バンドを延々聴き続けなきゃいけないから身体がもちそうにないし。(なにせ最後にクイーンのコンサートに行ったのはざっと30年以上前ですからね!)

残念ながら既に二回ともチケットは完売のようですが、ブライアンの発言によれば追加公演の可能性なきにしもあらずとか。買いそびれた方はこちらのサイト↓を要チェック! 

http://www.queenonline.com/en/news-archive/press-release-queen-play-hammersmith/

(そういえば・・・ベースは誰がやるんでしょう。ぜんぜん話題になってないみたいだが・・・)
2012-04-23 09:17 | 音楽 | Comment(5)
ディスコ・クラシック in キューガーデン
花冷えの寒い日が続くロンドンです。先月の方がずっとあったかかったなあ・・・東京ではそろそろ桜が見頃なんでしょうか。(くぅ~っ羨ましい・・・)

さて昨年の同じ時期にも騒ぎましたが、私の敬愛するミュージシャンの一人、ナイル・ロジャースが今年も日本に行くんですよ~明後日・4/18からブルーノート東京で四夜連続公演。

いや~これすっごく行きたくて、一時真剣に帰国を検討したんだけど、どうにも都合がつかず泣く泣く諦めることに。で、ナイル、ロンドンにも来てくれないかな~と検索した結果見つけたのがこんなイベント。

"M People with special guests CHIC featuring Nile Rodgers"

会場はキューガーデン、公演日は7月4日(水)。メイン・アクトのM Peopleってあんまり聞いたことないんだけど、一世を風靡したUKのソウル・グループらしい。もうともかく、ナイルが来てくれるんなら行くっきゃないでしょと早速チケットブックしました。

イギリスでは短い夏にありとあらゆるアウトドア系イベントが集中するんですが、この時期ミュージック・フェスティバルも花盛り。でも、キューガーデンでもこんなことやってるなんて全然知らなかったわ。ポッシュなキューらしく、セレブなピクニック・ハンパーの用意もあるそうで、ダンスより優雅にピクニックを楽しみたい向きにもおススメですよ~。(私はともかく踊りたい~!ディスコ全盛期に青春時代を過ごされた同年代の皆さま、ご一緒にいかが~♪)

http://www.kew.org/visit-kew-gardens/whats-on/kew-the-music/line-up-2012/mpeople/index.htm
2012-04-17 08:51 | 音楽 | Comment(0)
04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。