スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
ロパートキナの「ラ・バヤデール」 (8/13)
遅ればせながら土曜の夜のツアー千秋楽のバヤデール、とってもよかったです。終わってしまって、さびしい・・・

ロパートキナは、ただただ、う・つ・く・し・す・ぎ・・・ました。それはもう、有り得ない超越っぷり。あらためて、ニキヤ、当たり役の一つですね・・・。

一幕・寺院での登場シーン、ベールに隠されていた顔があらわになってあの夢見がちなダークな瞳がぱっと開いた時点で(毎度のごとく)、既にKO。聖なる火の前で祈りをこめるように厳かに踊るシーンは、あの哀切なメロディーに身体が同化したかの如く、最初から最後まで動きが見事に一本の線でつながっていて決して途切れない。このシーンに限らないけど、彼女の夢のように流れのいい、すべらかで淀みない動きの連鎖には、ただただうっとり。
 
ロパートキナの美しさの質というのは、他のどの優れたバレリーナと比べても全く違っていて・・・言い尽くされた形容だけど、スピリチュアルで純粋で超越志向があって・・・(ボキャ貧ご容赦。でもほんとこれ以外の言葉は見つからない・・・。)あまりに浮世離れしてるのよね。で、この演目だと特に、見ていて思わず手を合わせたくなるようなシーン多数(笑)。ラジャの宮殿でガムザッティの婚約を祝うダンスを披露するシーンなんて、最後にパートナー(ラジャの奴隷)にリフトされて高みから百合の花?をガムザッティの頭上に散らすロパートキナ@ニキヤがあまりに神々しくて、思わず、"ご利益あった~・今年あと残る4ヶ月はいいこと一杯ありそう!!"なんて反応しちゃったもの。

(でも女神様~なだけでなく、コルスンツェフ@ソロルとのpddのシーン、ガムザッティから呼び出されて何も知らずに宮殿に舞い戻ったシーンでは、とっても可愛い・純真無垢な表情をしていて、このギャップがまた堪らないのですわ・・・。←ファン馬鹿)

二幕の嘆きのダンスではあの長~~い手脚が、語る・語る。(このシーンで面白かったのは、舞台上手に座ったコルスンツェフがずーーっと彼女の踊りを見ていたこと。前夜のゼレンスキーは最初から顔をそむけて全く見ていなかった。コルスンツェフ、皆と同様ロパートキナが踊る姿を見たいのね~と勝手に解釈していた私。)花篭のダンスは前夜のヴィシと比べるとそれほどインパクト強くなかったな(ヴィシはここが凄くよかった)。大僧正のさしだす解毒剤を断るシーンでの演技は抑え目で、静かに運命を受け入れるというか・・・。最後、ニキヤが床に崩れ落ちる直前にソロルがすっ飛んできて彼女を抱きかかえたのだけど、そのタイミングが絶妙だった。(前夜のゼレンスキーはヴィシが完全に崩れ落ちたあとに駆けつけていた。)

あ、慌てて付け足しますと、当夜の(&前夜も)ガムザッティはアナスタシア・コレゴワでした。彼女には何の恨みもありませんが、この配役には大いに不満。コレゴワ、見事に可愛いお嬢さんタイプで踊りも決して悪くはないけど、如何せん存在感が・・・殆ど無し。これだと女の対決シーンがまるで盛り上がらない。なんか近年のマリインスキーってガムザッティに力入れてない印象があるんですが・・・心を入れ換えてほしいわ。(ボリショイとかパリオペだったらプリンシパルに踊らせる役なのに・・・)

影の王国。前夜に続き、群舞が素晴らしかった。前回見た時よりも邪念なく見られたというか、素直にきれいだなあ・・・と感じられた。群舞のパートが終わっても、拍手がなかなか鳴り止まない(二日ともそうだった)。三人のバヤデールのうち良かったのは、1st V.のアナスタシア・ニキティナと2nd V.のマリア・シリンキナ。お二人ともちょっと前から劇場が強力に売り込みをはかってる若手、という印象があるのだけど、今回のツアーではシリンキナは随所で起用されていて(ショピニアーナでは真ん中を踊ってたし)見る機会に恵まれたけど、ニキティナは少なくとも私が見られたのはこのヴァリエーションだけ・・・もっと色々見たかったな。ちょっとまだ粗いところがあるけれど、若いダンサーならではの覇気があって、勝気そうな踊りが気に入った。(二日目=最終日は特に気合が入った踊りで、その熱演に、フィニッシュする前に客席から拍手が沸き起こっていた。)一方のシリンキナは既にかなり洗練されていて、凛とした踊りと表情がいい。

この、非現実の世界に住まうバヤデールたちの中にあっても、ロパートキナはまた別次元の存在であるかに見えた・・・。顔の表情はとても穏やかで、動きはあくまで優雅、絹のようにスムーズ。ソロVでは時にやや弱弱しくみえることがあったけど(前日のヴィシと比較すると。ソロVではむしろコルスンツェフが、大技を見せて喝采をさらっていた)、コーダの見せ場、舞台奥から対角線上に高速で回転してきて前線まで来たらア・テールのアラベスクで後退する・・・あのシーンがスピード、形ともに完璧だった。とくにアラベスクで舞台奥に下がっていくところ、かなり奥まで後退していて、ここ私的にツボのシーンなので、心中密かに興奮&嬉々として見てました。(しかし、あの怒涛の終わり方ねえ・・・バヤデールって、音楽がもうちょっと良ければなあ・・・惜しい!と、いつもの如くの感慨に襲われた。)

カーテンコールで、観客の熱烈な拍手とブラヴォーに得も言われず美しいレヴェランスで応えるロパートキナの姿をしっかり脳裏に焼き付けて劇場を後にしました。うん、とってもいいフィナーレでした。
スポンサーサイト
2011-08-16 10:41 | マリインスキー・バレエ | Comment(4)
マリインスキー・バレエ 「白鳥の湖」 (8/6)
体調もなんとか戻ってきてせっせと通ってます・マリインスキー公演。全然メモを残さないのもナンなので、取敢えず今夜観てきた「白鳥の湖」についてちょこっとだけ。

☆☆☆

本日の主役はヴィクトリア・テリョーシキナ。いやもう、それはそれは実に立派な、「マリインスキーの」白鳥姫でした。この劇場でこの作品の主役を踊ることの重みとプレッシャーは並大抵ではないと想像するけれど、選ばれた者にふさわしい、誇り高く、一瞬たりともおろそかにしない気概と集中力がひしひしと伝わってくるパフォーマンス(役を大事に大事に踊っているのがわかる)。まだあまり彼女特有の個性というのは感じられなかったけど(そのせいか感動には至らなかった)、それは今後に期待、でしょうか。

テリョーシキナって身長は特に高くはなさそうだけど、手足が異常に長いのよね。で、指も長いみたいで、彼女のポール・ド・ブラは独特だった。くねくねとうねるような長い腕(と指)が鳥の羽ばたきというよりツル科の植物みたいに見える瞬間があって(!)、なんともなまめかしい。驚いたのは、ロパートキナほどではないけど、白鳥湖のシーンでテリョーシキナもかなりのスローテンポで踊っていたこと。(で、お二方に是非ともお願いしたいことが。アダージョはいいとして、コーダであそこまでテンポを落とすのはあまりにも流れに合わないので、いかがなものかと・・・元に戻していただきたいんですが。)

ジークフリートはABTからのゲスト、デヴィッド・ホールバーグでした。一幕の登場シーンではスター性が感じられず、なんかちょっともさっとした立ち居振る舞いで、肩透かし。振付がまだ身体に入ってないのか、ソロvのフィニッシュで音がかなり余ってしまうという失態を犯していました。踊りもまあ悪くはないけど、特別なものは感じられず、なぜわざわざ彼をレンタルしたのか理解に苦しむ。(セルゲーエフとか、踊れないのかなあ?)あ、彼、パートナリングは危なげなくこなしていたので、そこは評価します。(もっともテリョーシキナ王女のダンスはリフト以外は支え手なんて必要ない、ぐらい磐石でしたが・・・)

ドゥミ・ソロイストとコール・ドはとてもよかった。特に白鳥たち・・・今どきこんなに見た目も踊りも統率のとれた、美しい白鳥乙女たちを見られる機会は他ではないだろう、と胸が熱くなりました(無形文化財に指定するべき!)。初日の公演ではドゥミ・ソロイストに細かなミスがあって、今ひとつ締まりがないというか、あまりマリインスキーの白鳥でこんなミスは見たことないなあ・・・と驚かされるシーンがあったけれど、今夜は皆しっかり踊ってました。

そうそう、オケも、やっと少し落ち着いてきたか・・・と胸を撫で下ろす出来だった。一週目の、白鳥とフォーキン・プロの初日は、オケが指揮者に不信任案叩きつけてるのか(何もこの場でやらなくても・・・)ってぐらい酷かったからなあ。先週のドンQが一番まともで、"ああミンクスならできるのね(やっぱり簡単なのかしら)"なんて皮肉っていたのですが。トンネルの先にほのかに光がみえてきたかな・・・

・・・というわけで、ロパートキナが主役を踊るときのスペシャル感はなかったものの、白鳥の湖はマリインスキーに限る!という私の近年の信条を、見事に裏書きしてくれる公演でした。
2011-08-07 09:40 | マリインスキー・バレエ | Comment(6)
08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。