スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
シルヴィ・ギエム "6000 miles away"
Sylvie Guillem "6000 miles away"
Sadler's Wells, July 2011

フォーサイス: Rearray (Guillem, Le Riche)
キリアン:  27'52" (Aurelie Cayla, Kenta Kojiri)
エック:  Ajö (Bye) (Guillem)


今月初めに見たシルヴィー公演の備忘録、最近とみに物を書くことが億劫になっていてなかなか先にすすまなかったのだけど、明日からマリインスキー@ROH公演が始まってしまうので、ムリヤリあげてしまいます。

- 公演タイトルの「6,000マイル離れて」だけど、6千マイルとはイギリス~日本間の距離。あの大地震が東北を襲ったときシルヴィはちょうどフォーサイスの新作を創作中だった。おそらく、この報を受けてかなり早い時点で、シルヴィはこのサドラーズ公演を地震で犠牲になった人たち・被災した人々に捧げることを決めたのではなかろうか。当初休息日?にあてられていた公演中日をチャリティ・ガラにあてただけでなく、各日幕が上がる前に公演主旨についてアナウンスが入り、会場内でも募金をつのっていることをアピール。(懐かしの英赤十字の募金バケツとここで再会した!)プログラムにも大々的に赤十字のページが挿入されていて、シルヴィの"本気度"がひしひしと感じられる。一日本人としてただただ感激、感謝の気持ちで一杯に・・・(Thank You Sylvie... 後日新聞が伝えるところによると、この公演から総額約8万ポンドが英赤十字のツナミ・アピールに寄付されたらしい。)

- 一本目はフォーサイスの新作・"Rearray"。地味~なトラックスーツに身を包んだシルヴィとニコラが薄暗い舞台(奥)に姿を現したとき、暗いのとあまりに地味すぎて一瞬彼等と気づかなかったほど。シルヴィーはいつにも増して細い?化粧っ気全くナシで中性的、一方のル・リッシュはがっしりした体躯でマスキュリン。No-nonsenseな風情で身体能力の極限に挑む二人の卓越したダンス・アーティストを、観客はただただ口をあんぐり開けて見つめるのみ。しかしまぁ、創りも創ったり・踊りも踊ったり、というか、よくぞこの二人にこれを振付けたもんだなあ・・・と感心。色々実験的な面白いムーブメントが使われていたけど、驚くほどクラシック・バレエのパがベースになっているものが多かった。そして、このクラシック風の振付を踊る二人の動きの美しいことよ・・・見惚れました。

- 二本目のキリアン作品は二人のゲスト・ダンサー(元NDT)によって踊られた。作品自体あまり感心しなかったのと、まあこれはオマケってことで、ノー・コメント。

- 最後はエックの新作・”Bye"。この夜最も面白かった・そして感動した作品。評者の多くの解釈によると、これは、「凡庸な日常から脱却をはかろうとする(あんまり)イケてない中年女」を描いたもの、とみるべきらしい。確かに、見た目そのままに受け取ると、まあそんなところかも。私は舞台上で必死にあがく・時にハイパーテンションで時にヨレヨレの、あまりカッコよくないフツーの女を演じるシルヴィーを見ていたら、なんとも言えない気分に襲われた。

なんというか、そうなんだよね ほんっとーに、人間ってどうしようもない生き物なんだよね・・・とつくづく・しみじみと感じてしまったのだ。中年女といわず、シルヴィーは人間そのもの、人間であることのどうしようもなさを表しているように見えた。

実はこういう感慨に襲われた理由の半分近くは音楽にあったかも・・・ベートーベンの最後のピアノソナタが使われていたのだが、これが、見事に黄昏た音楽でありまして・・・。達観してるというか、侘びサビ入ってるし。途中Jazzyなフレーズがあると、シルヴィーもランラン~って軽やかにステップ踏んだりして、そういう時は幼児っぽかったりして、なんか自由がある。(こんな風に感じられたのは演奏者の解釈が影響してるのかも?ちなみにピアノ奏者<録音>は、イーヴォ・ポゴレリッチ。)

ニ回見たのだけど、見終わったあとにヤレヤレ・・・ってどうしようもなさと同時に優しさが残る。シルヴィー・ギエムのレパートリーの中で最も人間くさい作品なんじゃないかな・・・。今から十年以上前、シルヴィーが"外来の女王"としてロイヤルバレエに君臨していたときに、こういう作品を見る日が来ようとは想像すらできなかったけど。表現者であっても自分をあそこまで曝け出すって、なかなか出来ないと思う。46歳の今、これだもん・・・シルヴィーはやっぱり、どこまでも、カッコイイ人なのでありました。
スポンサーサイト
2011-07-25 11:15 | その他のバレエ・ダンス公演 | Comment(8)
We are the champions !!
さっきまでシルヴィ公演のことを細々綴っていたんだけど、終わりそうもないのでさっさと諦めて、今夜はこれでしょうやっぱり。

日本女子サッカー 世界一!おめでとう~~!!

試合は見ていなかったのだけど、後でスコアを見たら手に汗握る展開だったようで。PK戦を制すとは粘り勝ちですね~いやはやすばらしい快挙!明日からイギリス人の日本を見る目が変わること間違いなし!?(はは半分冗談ですが・・・。この国の一般peopleから手っ取り早くリスペクトを勝ち得るにはサッカーに強いことが何よりではないかと・・・)

さ~勝利を祝して、皆さまご一緒に♪♪

http://www.youtube.com/watch?v=vofSgnnnIrI
2011-07-18 07:52 | 未分類 | Comment(2)
シルヴィーのインタビュー&高田茜さん
皆様たいへんお久しぶりです&お暑うございます。二週間ほど日本に一時帰国していて、ウィンブルドンのファイナルに間に合うよう昨夜戻ってきました。

そのウィンブルドン、やりましたね~ジョコビッチ、初優勝!Man of the momentがその充実ぶりを余すところなく発揮して、見事な勝利でした。今後暫くはスラム大会の決勝ではこの二人の顔合わせが続くのかな・・・という予感が。(何を隠そうこの私、試合前に3-1でジョコ勝利!と予想していたんです<<ほんとだよ~~>>。当たって嬉しい~)

さて明日から社会復帰なんですが、今週はシルヴィー・ウィーク。火曜にサドラーズ劇場で"Sylvie Guillem – 6,000 miles away"公演が始まります。公演に先立ち今日のテレグラフ紙に長文のプレビュー&インタビュー記事が掲載されていました。インタビュアーによるフォーサイス新作の創作過程のレポ、最近スカラ座でマノンを再び踊った理由について語るシルヴィー・・・等々結構読みごたえのある内容ですので、ご興味ある方はこちらをどうぞ:

http://www.telegraph.co.uk/culture/theatre/dance/8609145/Sylvie-Guillem-interview-raising-the-barre.html

続いてこちらはballet.coで見た情報。毎年この時期に発表されるロイヤル・バレエの昇進情報、今年は高田茜さんがどこまで上がるかな~と注目していたんですが、First Artistからワンランク上がってSoloistとなった模様です おめでとうございます~。(ただしまだ公式情報ではありませんのでご注意ください。)

昨シーズンの怒涛の起用のされ方からして、また来シーズンにはなんとオーロラ・デビューが決まっていることからして(しかもパートナーはマックレー)、ひょっとしたらユフィさんみたいに飛び級昇進かな・・・と期待していたんですが、とりあえずは穏便な線で一階級上がった、ということのようです。(そのユフィさんの方はどうだったのかな~。ballet.coに要注目!)
2011-07-04 09:17 | 情報系(ニュース、公演) | Comment(6)
07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。