スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
ロパートキナの特別公演@ヴェルサイユ
う~負けちゃったー イングランド。明日から始まる一週間、職場のモラルが著しく下がること間違いなし・・・(コワい)。日本vsパラグアイ戦はこちらの火曜の午後だからオフィスを抜け出さないと見られないな~ どうしよう。

ここのところパソコンの、というかモニターの調子がおかしくて、使ってると突然真っ暗に停電してしまうという現象が続いてるので、なんとか動いてるうちに駆け足で先週末の公演レポを認めておきます。

“Tribute to three great Russian ballerinas: Anna Pavlova,
Maya Plisetskaya, Galina Ulanova”

Theatre Montansier, Versaille

19th & 20th June 2010

1. “Anna Pavlova and Cecchetti”, Choreography John Neumeier , Music: P. Tchaikovsky. (Dedicated to Anna Pavlova)

2. “Waltz 7” (Ballet “Shopeniana”) Choreography: M. Fokin, Music: Frederik Shopen (performed by Anna Pavlova and Galina Ulanova)

3. “Russian dance”. Based on choreography of M. Fokin. Music: P. Tchaikovsky (performed by Anna Pavlova)

4. “Death of rose”. Choreography: Roland Petit, Music Gustav Mahler (performed by Maya Plisetskaya )

5. “Dying swan” Choreography: M. Fokin, Music: Camille Saint-Sans (perfomed by Anna Pavlova, Galina Ulanova, Maya Plisetskaya)


- ロシアの偉大な3人のバレリーナ、パブロワ、ウラノワ、プリセツカヤに捧げる公演ということで、彼女達の舞台映像が流れ・紹介のナレーションが入る(台本を誰が書いたのかは不明)。その映像の合間にロパートキナが踊る、という趣向。パブロワの踊るニキヤなんて珍しい映像も見られてなかなか面白かったけれど、いかんせん仏語のナレーションの意味がわからないのが・・・残念だった。

- 出演ダンサーはロパートキナとパートナーのマラト・シェミウノフ(ミハイロフスキー・バレエ)の二人だけ。会場のモンタンシエ劇場はフランスでも(現存する?)最古の劇場の一つらしいのだけど、こじんまりとした可愛らしい劇場で、キャパシティは600。当然舞台も小さい(かなり小さめだったような・・・)。最初の演目・パブロワとチェケッティでロパートキナとシェミウノフが舞台に登場したときには、舞台と彼等のサイズが・・・プロポーションがあまりに不釣合いで、二人が巨大に見えて軽いショックを受ける。

- 暫くして目が慣れてくると、バレエの教則本的な動きを模範的かつエレガントにこなすロパートキナに目が釘付け。首から肩、肩から伸ばした腕・指先までのラインが完璧な調和で保たれていて、うっとり。シェミウノフは、最初誰だかわからなくて(多分初めて見た)、マリインスキーの若手を連れてきたのかと思った。すごーく背が高くて細身で、頭が小さくて、脚が身長の2/3ぐらいありそうなプロポーションにびっくり。

- 今回ロパートキナが踊るのを初めて見た(初披露?)唯一の作品が、ショピニアーナのワルツ。通常彼女のような長身のダンサーがキャストされることはまずないパートですが・・・。ロパートキナはとても細やかにデリケートに踊っていて、違和感はないのだけど、いかんせん頭上リフトがあるので、どうしても見ていてハラハラしてしまう。シェミウノフはしっかりこなしていてロパートキナはふわふわと宙を舞っていたけれど。(シルフィードの衣装のロパートキナを見ていたら、彼女のジゼルをモーレツに見たくてたまらなくなってしまった・・・近々どこかで踊る予定はないのでしょうか。情報乞う!)

- この夜唯一のキャラクター・ダンス、ルースカヤ。あの民族衣装を身につけたパブロワの写真が映像に出てきたのだが、ダークな瞳・少女っぽい面差がとても魅惑的だった。エキゾチックで強い瞳をもっているロパートキナにも、あの衣装と髪飾り(帽子のような)がよく似合う。彼女ならではの、土着性というか地上的な要素が薄いフォークロア・ダンス。

- 一日目に一番良かったのが「病める薔薇」。(照明がミョーだったにもかかわらず・・・舞台の横からピンクの照明をあててるような、ナイトクラブ風の怪しげなライティングだった・・・。)この作品、初めて見たときはイマイチぴんとこなかったのだけど、今回は、プティの振付の天才とロパートキナの類稀な音楽性にガツンとやられました。(降参!)滅びの美を濃厚に感じさせる音楽に、花の命・ある一つの美が失われていく情景を重ね合わせているところからしてまず見事だけど、その美(薔薇)の失われ方がなんとも・・・むせ返るような官能的な振付、しかしロパートキナの抑制されたエロティシズムは官能性と同時に崩壊の美学を強く感じさせて、音楽が迫ってくる・・・。シェミウノフのサポートも素晴らしく、客席の反応も(初日は)一番よかった。

- 最後は、三人の偉大なバレリーナ全員がレパートリーにしていた「瀕死の白鳥」。舞台にロパートキナが姿を現すと・・・・白鳥の衣装の彼女は、何度も見ているはずなのに、見るたびに感嘆させられる。もはやこうなると、ロパートキナが白鳥になりきっているというべきか、白鳥の方がロパートキナに似ているというべきか・・・と(笑)。ふと、白鳥乙女の伝説というのは地域をとわず世界に広く伝播していたという話を思い出していた。優美な白鳥に純粋無垢な乙女の姿を重ね合わせる、所変わっても人間の心性は大きく変わるものじゃないんだな・・・しかし、逆に伝説にリアリティを与えてしまうような生身の乙女の姿を目にする機会などそうそうあるものじゃない、と妙な感慨に襲われる。ロパートキナは、特に二日目はとても気持ちが入っているように見えた。力尽きる直前の最後の羽ばたきのところ、間の取り方がいつもと違っていて、はっとしてしまった。この瀕死が客席にエモーショナルな反応を惹き起こして、拍手とブラヴォーがやまず、何度も舞台に呼び戻されるロパートキナ。その度彼女の得も言われず優雅なレヴェランスが見られて、嬉しかった。二日目はヴェルサイユ市の市長さん?らしき男性が花束を持って登場、お礼のスピーチを。スタンディング・オベーションに応えて、アンコール。なんと瀕死をもう一度踊ってくれたのでした。(こんなこともあるんですね!きっとロパートキナも客席の熱狂的な反応が嬉しかったのでしょうね・・・)
スポンサーサイト
2010-06-28 09:54 | マリインスキー・バレエ | Comment(6)
ウリヤーナ・ロパートキナ@ヴェルサイユ
今週末に迫ってきました ロパートキナのガラ公演@ヴェルサイユ。どうにかこうにか仕事の目途がついてきたので心おきなく出かけてこれそうなんですが、すっごーーーく気になってる(っつーか、かなーーーり心配)なのが、このガラ公演のプログラム。

会場は、ヴェルサイユにあるTheatre Montansierという小ぶりの劇場。ここのウエブサイトには公演の内容について全く情報が出ていないので、先週プレスの人にメールで照会したのです。そうしたら速攻で返事がきて、おー・素晴らしいーと感動したのも束の間、中を見てみると・・・「予定演目」として記載されていたのは、この5作品(以下e-mailからのコピペ):

"Tribute to three great Russian ballerinas: Anna Pavlova,
Maya Plisetskaya, Galina Ulanova”


1. “Anna Pavlova and Cecchetti”, Choreography John Neumeier , Music: P. Tchaikovsky. (Dedicated to Anna Pavlova)
2. “Waltz 7” (Ballet “Shopeniana”) Choreography: M. Fokin, Music: Frederik Shopen (performed by Anna Pavlova and Galina Ulanova)
3. “Russian dance”. Based on choreography of M. Fokin. Music: P. Tchaikovsky (performed by Anna Pavlova)
4. “Death of rose”. Choreography: Roland Petit, Music Gustav Mahler (performed by Maya Plisetskaya )
5. “Dying swan” Choreography: M. Fokin, Music: Camille Saint-Sans (perfomed by Anna Pavlova, Galina Ulanova, Maya Plisetskaya)

何度も何度も見直してしまいましたよ・・・ほんとに、これだけ??これ全部合わせても上演時間30分に満たないと思うんだけど・・・。ひょっとして、実はもっとあるのにメールからごっそり抜け落ちちゃったのかなー(そうであってほしい)、いや、「ロシアの偉大な3人のバレリーナに捧げる」と謳ったガラだから、もしや残りはこの3人のフィルム上映とか??(それは、カンベンだなあ・・)で、メールに添付ファイルがついていたので、これがイベントのブローショアかなーと期待して開いてみると。

とっても美麗なロパートキナの写真がふんだんに使われたパンフレットみたいなもので、使用言語はなぜか英語・・・。しかも、どこを見てもこの公演のことはまるで触れられてなくて、どうやらロパートキナのポートフォリオみたい(彼女のエージェントの?コンタクト先とか記されていた)。ううう、まあ、綺麗なパンフ送って頂いたのは嬉しいんですが、知りたいのはこの公演の詳細情報なんですけど・・・。で、しつこく追求してみたのでした。

「あのー、マダム、この公演の上演時間を教えていただけませんか?8時半開演で、終演時間は何時でしょうか?・・・と申しますのも、ここにある5作品だけでは実質30分もかからないはずですので・・・」と、急いでいたので主旨だけを簡潔に。後になってちょっとイヤミな書き方だったかな~とちと反省したのだが、気分を害されたか・たんに面倒がられたのか(おそらく後者)、その後返事は来ず・・・真相は不明です。(というか、本当に上記が真相なのかもしれないが。プレスの方、頭から疑ってかかってすみません~~。)まぁ蓋を開けてのお楽しみ、ってことですね。(しかし、プリセツカヤの名前が出ているのだからカルメン組曲あたり踊っていただけないかなあ・・・期待。)

http://www.theatremontansier.com/OULIANA-LOPATKINA.html
2010-06-15 08:34 | マリインスキー・バレエ | Comment(7)
吉田都さんのトーク・イベント (4/26)
レポする・すると言いながら果たせないまま一ヶ月以上過ぎてしまったこのイベント。ホントに、今更・・・ではあるのですが、公言してしまった以上少しは書き残しておかないと、ってことで、頼りない記憶を辿ってトライしてみます。※尚、この日はトークの合間に頻繁に都さんの舞台映像をスクリーンで見せてくれたのですが、そのために照明はずっと落としたまま。その場でメモをとることはできず、帰宅してから雑に書き留めた走り書きと断片的な記憶だけが頼りなので、当方の聞き違い・勘違い多々あるかもしれず、くれぐれも、話半分で聞いてくださいませ~。

☆Miyako Yoshida in Conversation

26th April 2010
Clore Studio, ROH

- 聞き手は現在RBのAdministrative Director、ケヴィン・オヘア。バーミンガム・ロイヤル・バレエのプリンシパルだった彼は都さんの元同僚。(都さんのコメント:「毎年毎年、二人でいやというほどくるみを踊ったものよね・・・」)気心の知れた間柄ならでは、とてもリラックスした雰囲気の中トークはすすめられたのでした。

- 前半は、(日本のバレエファンならよくご存知と思われる)都さんのバックグラウンドについてのおさらい。日本で受けたバレエ教育について、イギリスに渡ってから苦労したこと、等々。オヘアは都さんがロイヤル・バレエ・スクールに留学したとき在学中で(同級生か年長生だったか、どちらか)、彼女が入学してきたときその技術の高さに驚いたらしい。"それまで目にしたことがないようなテクニックで・・・""日本でどうやってあの技術を習得したのか?"と質問。都さんの答えは、「同じことを何度も何度も、できるまで繰り返し続ける。」という、シンプルなもの。〔オヘアのコメントを聞いて、以前アダム・クーパーか誰かが熊川君について同じようなことを語ってなかったっけ・・・と思い出した。熊川君がRBSに留学してきたとき、級友たちは彼のテクニックに驚愕したとかなんとか・・・。ひょっとしてRBSでは難度の高い技は教え込まないのだろうか??〕

- トークの合間に都さんの思い出の舞台の数々を見せてくれたのだけど、やっぱりぐっときたのはくるみ割り人形。パートナーはボネッリで、やっぱりこの二人だと端正で綺麗だなあ・調和のとれた、夢のように美しい舞台に涙で目がかすむ。3日前の最後の公演・シンデレラの舞台とカーテンコールの様子も見せてくれて、あらためて感無量に・・・。パートナーのスティーブン・マックレーについての都さんのコメント。

- スティーブンはとっても力強くて(strong)、安心して一緒に踊れる。ナチュラル・パートナー。昔はほんとに色んな人と踊ったけれど、怪我の後遺症もあって、今は慎重に相手を選ばざるを得ない。スティーブンはその点(注意すべき点)もよく理解してくれている。

- 上映映像の中に、"Scenes de ballet"(アシュトンの)もあったのだが、この作品について、都さんから意外なコメントが。
「今まで踊った中でもっとも難しい作品の一つ。古典のようにきっちり役柄で踊る時間が配分されてるのではなくて、舞台に立っている間ずっと踊り(動き)続けていないといけないので、大変だった。」

- (オヘア)今夏の日本公演のR&JがミヤコにとってRB最後の舞台、ということになるが、この公演はフィルム撮りされる予定。ただし、残念ながら見られるのは日本のファンだけ、ということになりそうだが・・・。(客席から嘆息がもれる)

日本公演といえば、ちょっと前まで我々のプレゼンターは、「西洋のバレエ団だから日本人の主役はお断り」というポリシーを持ってたけど、今は向こうから懇願して踊ってくれ("begging")って感じなのかしらん?その辺少しは状況変わってるのかな・・・。〔客席からへえーっ!というどよめきがおきていた。噂には聞いてたけどホントの話だったのね 日本人として、聞いてて恥ずかしかった!怒〕

以下、客席とのQ&Aセッションより。

- Q: 愛用されているトウシューズはどちらのものですか?
  A:  今はBlochです。以前はFreedを使っていて、とても気に入っていたのだけれど、あそこのは一足ずつが手作りなので出来上がりがどれも微妙に違う。それで苦労することがあって・・・Blochはその点マシン・メイドなので均質。(Freedはほんとにいいメーカーなんですけれどね・・・と強調されていた。)

- Q: RBのレパートリーで好きな役柄は?
  A: 以前だと、この質問には必ずジュリエット、と答えたものですが・・・ジュリエットも勿論だけれど、今振り返ってみて、リーズも私にとっては特別な役だったな、と感じます。イギリスに来て初めて見たバレエがラ・フィーユだったんですよ で、こんな楽しい・明るいバレエがあるんだ、って目から鱗で。とっても好きな役だけれど、残念ながらもう踊れません。今回もモニカからオファーを貰ったのだけれど、考えた末断りました。(客席から、嗚呼・・・と無念さを滲ませた反応が。)

- Q: それほど完璧に踊れる貴女が引退を決意された理由は?
 A: まだまだ踊れる、と仰っていただけるのは本当にありがたいのですが、年々身体がきつくなっているんです。古傷もあるし・・・(本当に大変なんです、というニュアンスを身振り手振りを交えて伝えていた)

- Q: バレエ・ダンサーになることを目指してイギリスにやって来る日本の女の子達へのアドバイスを。
 A: "Never give up!" ともかく諦めないで、一心に努力することで道は開けます・・・。日本人はどうしてもシャイになりがちだけれど、自信をもって、自分の個性を打ち出して。

最後にオヘアが、都さんの長年の功績を讃え、"こんなに美しく・才能あるバレリーナのパートナーをつとめることが出来た僕は本当に果報者だよ"とコメント。お返しに都さんは、「最初に学校で、その後プロになってからはSadlers Wells Ballet~BRBで、いつも一緒だったわね。貴方に会えて私は本当にラッキーだった・・・もし貴方がいなかったら私のバレエ人生はきっと違うものになっていたわ」とコメント、オヘアは大いに照れていました。

<終>
2010-06-07 09:35 | ロイヤル・バレエ | Comment(17)
必見!Opera on the BBC
嗚呼・・・

ロジャーが、負けちゃったよ・・・

週末の、ラファとのshowdownを、ほんとにほんとに楽しみにしてたのに・・・(号泣)。

一年前のファイナル、同じコートで、同じ相手に、ほぼ完勝だったのに。テニスの恐ろしさを思い知らされた・・・

結局今年の全仏は、ロジャーの試合一つもまともに観てない・・・これからだ、と思ってた矢先。今日も帰宅してからネットで試合見ようと思ってたのに、こっちが残業してる間に負けちゃって。負けたとわかってる試合のビデオを今更見る気にもなれないし、あ、そういえば・・・たしかBBCで、パッパーノが案内人のオペラ番組が始まったはずだな、とiplayerにアクセス。(はい、ここから意気消沈モード・切り替え)

"Opera Italia"という3回シリーズ、初回の"Beginnings"を観てみましたが、とーーーーっても面白いかったです。ああ、これでかなり救われた・・・(ありがとう マエストロ・パッパーノ!)

前半はモンテヴェルディに焦点をあててるのだけど、すごく印象に残ったのが、ある専門家の解説。曰く、モンテヴェルディの音作りには、マイルス・デイヴィスに通じるものがあると。ベースとなるアイデア・素材をバンドのメンバー(モンテヴェルディの場合はオケのメンバー)に投げて、そこから各自のアイデアを膨らませて形にしていく・・・とか何とか。(モンテヴェルディは17世紀のジャズミュージシャンであったか・・・!)

後半はフローレスが沢山出てきます~♪昨シーズンの幸せな思い出・セヴィリヤの舞台裏を一杯見せてくれて嬉しい(ディドナートの弾けっぷり!)。ロッシーニの生地・ペーザロ(懐かしい!)で毎夏行われているロッシーニ・フェスティヴァルで、レア演目に登場するフローレスもちらと映してくれて、ああもっと見たい。(このフェスティヴァル、一度は行ってみたいな・・・)

イタリア観光局のプロモ映像のごとく、次から次にそれはそれは美しい街々の景観も見せてくれてこれも嘆息ものだけど、何といってもこの映像の一番の見所は、パッパーノのアツく・濃ゆ~い伝導師ぶり。殆ど暑苦しいといっていいくらい(笑)、情熱的にオペラを表現していて、怒涛のノリにぐいぐい惹き込まれちゃう。(しかし、以前からこの人TVカメラとの相性良さそうだなーと薄々感じてはいたけど、ここまでとは・・・!RO音楽監督退任後のキャリアはここにありか??)

我等がマエストロ、またまた惚れ直しちゃいました~~♪残る2回も楽しみ!

http://www.bbc.co.uk/programmes/b00sjdmp

2010-06-02 10:52 | オペラ | Comment(12)
06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。